「コンフィデンスマンJP」1話から動画を無料で見る方法!今までの視聴率は?

「コンフィデンスマンJP」1話から動画を無料で見る方法がありますので、見逃しても大丈夫!

31日間無料で視聴できますよ!

こちらをクリックすると登録画面が出てきます

↓↓↓

コンフィデンスマンJPを31日間無料で見れる動画FODの特徴とは?

 

通常月額888円お無料キャンペーンの間はFODプレミア見放題!

人気雑誌の最新号が読み放題

対象の漫画が読み放題

 「コンフィデンスマンJP」4話を見たあらすじネタバレ

 

第4話は映画マニア編。食品メーカー勤務の宮下(近藤公園)が産地偽装の告発をしようとしたが、社長俵屋勤(佐野史郎)の脅しで告発できなかった。

 

偶然その告発状を見たダー子(長澤まさみ)は俵屋を次のターゲットにし、映画ファンであることを利用しようと考える。

 

映画人が愛するカフェバーに誘い、そこで新人映画監督役のボクちゃん(東出昌大)とプロデューサー役リチャード(小日向文世)が俵屋に近づき、新作時代劇映画への出資を持ちかけた。

 

が、出資話に乗ってこない俵屋を中国人女優マギー・リンに扮したダー子が落とし、無事にお金を出させることに成功した。

 

その途端、俵屋は脚本へのダメ出しや映画への出演要求など口を挟みだした。

 

ダー子たちは俵屋の映画への夢をかなえさせてやると大掛かりな映画を撮る。

 

映画のタイトルは「立ち上がれ、つはものども」

 

でも、俵屋の興味は実はダー子じゃなくて、ボクちゃん!

 

そして完成試写会で発表されたものは…宮下からの産地偽装を告発する内容のものだった。

 

お礼を言いに来た宮下にダー子は言った。「これからよ。立ち上がれ、つはものども」と。

「コンフィデンスマンJP」1話~3話までの視聴率

2018年4月9日放送視聴率1話 9.4%
2018年4月16日放送視聴率2話 7.7%
2018年4月23日放送視聴率3話 9.1%

2018年4月30日放送4話視聴率予想は第3話と同じくらい行くのではないでしょうか。

FODならクレジットカードがなくても登録できます!

➡コンフィデンスマンJP無料で見逃し動画を見る!

無料で31日思う存分利用してみたい人はこちらに詳細が載ってます!

FODプレミアム動画の登録方法!無料期間とその後の料金は?

 

映画館で映画を観る人におススメな動画配信サービスはこちら!

映画館で無料で映画を観れるU-NEXTの魅力とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です