「コンフィデンスマンJP」4話を見たあらすじネタバレと感想!第5話は山田孝之がゲスト!

2018年4月30日「コンフィデンスマンJP」4話を見たあらすじとネタバレを早速記事にしてみます。

今回もダー子(長澤まさみ)の七変化と憎めない詐欺師に目が離せませんね。

 

来週の第5話も大いに期待してしまいます。

第4話を見逃した人は、安心してください!

「コンフィデンスマンJP」1話から動画を無料で見る方法!今までの視聴率は?

「コンフィデンスマンJP」4話あらすじネタバレ

 

<スポンサードリンク>


第4話は映画マニア編。食品メーカー勤務の宮下(近藤公園)が産地偽装の告発をしようとしたが、社長俵屋勤(佐野史郎)の脅しで告発できなかった。

 

偶然その告発状を見たダー子(長澤まさみ)は俵屋を次のターゲットにし、映画ファンであることを利用しようと考える。

 

映画人が愛するカフェバーに誘い、そこで新人映画監督役のボクちゃん(東出昌大)とプロデューサー役リチャード(小日向文世)が俵屋に近づき、新作時代劇映画への出資を持ちかけた。

 

が、出資話に乗ってこない俵屋を中国人女優マギー・リンに扮したダー子が落とし、無事にお金を出させることに成功した。

 

その途端、俵屋は脚本へのダメ出しや映画への出演要求など口を挟みだした。

 

ダー子たちは俵屋の映画への夢をかなえさせてやると大掛かりな映画を撮る。

 

映画のタイトルは「立ち上がれ、つはものども」

 

でも、俵屋の興味は実はダー子じゃなくて、ボクちゃん!

 

そして完成試写会で発表されたものは…宮下からの産地偽装を告発する内容のものだった。

 

お礼を言いに来た宮下にダー子は言った。「これからよ。立ち上がれ、つはものども」と。

「コンフィデンスマンJP」4話を見た感想

 

<スポンサードリンク>


 

視聴率も含めて賛否両論あるみたいですが、私は単純に楽しんで見ています。

 

長澤まさみたちがわかりやすいやり方で詐欺を働いて、大金をせしめるところがおもしろいから。

 

相手はいつもかなりの悪いやり方で、善良な人をだましているから自業自得で同じようにだまされるところが痛快です。

 

それに今回のようにお金を使いすぎて結局赤字になるという結末も人間臭い感じで決定的に詐欺師として悪い奴らではない感じがいいのです。

 

3人はずいぶん前からの知り合いのようだけど、そのあたりは全く話に出ません。

 

何かあるのかもしれない、どんな過去があるのかと想像するのも楽しいです。

 

今回は特に最後が粋だったのが、良かったかなぁと思いました。

コンフィデンスマンJPの見逃し動画はこちらで↓↓↓

➡・FODプレミアム動画の登録方法!無料期間とその後の料金は?

映画を毎月無料で観れる動画配信サービスu-nextも人気!

映画館で無料で映画を観れるU-NEXTの魅力とは?

まとめ

 

ダー子がいつもいろんな人間に扮しているのが長澤まさみの演技力を出しているところで興味深く見ています。

 

1話完結のコメディは気楽に見られるので、月曜から深刻さや悲しくならずに笑えるドラマです。

 

第5話の次回は医者の世界みたい。

 

どんな悪いやつが出てくるのか、楽しみかな。

「コンフィデンスマンJP」第5話に山田孝之がゲスト

俳優の山田孝之が5月7日放送のフジテレビ系連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)第5話にサプライズゲストとして出演することがわかった。山田は、同ドラマに主演する女優・長澤まさみと映画『50回目のファーストキス』(6月1日公開)で、共演した縁から今回、カメオ出演が実現。役名はその名もジョージ松原。番組後半に物語の鍵を握る人物として登場する。

ライブドアーニュースより出典news.livedoor.com/article/detail… 

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です