「ブラックペアン」第2話を見たあらすじネタバレと感想!ニノのアドリブに賛否両論!

ブラックペアン第2話面白くなって来ましたね。ブラックペアンを見たあらすじネタバレと感想を記事にしていきます。

今回はニノのアドリブの内容に対し、ファンは原作と違うとがっかりするも、さすがニノ!と絶賛する声も!

ブラックペアン第2話あらすじネタバレ

 

<スポンサードリンク>


急患で運ばれた患者を渡海(二宮和也)は手術で救うが、まだ追加の手術が必要だった。

 

その手術をスナイプでやりたいと希望した高階(小泉孝太郎)。佐伯教授(内野聖陽)は高階以外の医師が執刀する条件で許可した。その助手に選ばれた研修医の世良(竹内涼真)。

 

世良は自分が患者を殺すのではないかと苦しみ、研修先を変えるか悩む。渡海と高階は世良が外科に残るかどうかを賭けて辞表を書くことを約束する。

 

ついにスナイプ手術の日。一つのミスが起こり、患者の命は危機に陥った。そしてそれを見事な佐伯式と呼ばれる難しい方法で救ったのは渡海だった。

 

その手術を通して、世良はもう一度命を向き合うことに覚悟を決めた。

 

高階は手術のミスを肩代わりしてもらったが、世良が外科に残ったことで渡海との賭けには勝ち、病院に残ることになる。

<スポンサードリンク>


ブラックペアン第2話を見た感想

 

主人公は渡海だけど、今回の話で心に響いたのは研修医の世良の姿です。世良は渡海とは正反対で患者にも誠実に向き合い、一生懸命努力するタイプ。

 

世の中の多くの人はこのタイプで、渡海のような天才型の人間ではありません。

 

彼が「おれ、なんで医者になりたかったんだっけ?」

 

と悩み続ける姿が人間らしく、誰でも一度はそんな気持ちになったと思うのでとても共感できました。

 

それに、手術を受ける患者の怖さに寄り添い、自分だけが怖いのではないと気づいた場面が2話で唯一心が暖かくなった場面でした。

 

1話に続き「手術室の悪魔」だった渡海の冷たい口調と毒舌ぶりは冴えわたってました。

 

でも世良に縫合を任せる姿や「腕の悪いやつでも手術ができてしまう。」

という意味のつぶやきから、彼の本心は少し違うところにあるのかもとも思いました。

 

佐伯教授は渡海の腕に一目を置きつつも、自分しかできないはずの佐伯式を簡単にやってのけることに心はざわついているはず。

 

最後に出てきたペアンが写るレントゲンはどんな意味を持つのか、謎がどのように解かれるのかがこれからの見どころです。

まとめ

 

医者のドラマは多いけど、これはその欲の絡んだ世界を描きつつ、世良という青年の成長ぶりも描いているのかなと思いながら、第1話、第2話を見てます。

 

渡海の真の狙いは何なのか、佐伯教授とのこれからの展開もちょっと気になるところです。第3話もますます目が離せませんね。

ブラックペアンみんなのツイッター

 

<スポンサードリンク>


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です