花粉症デビュー症状をチェック!遺伝は関係あるの?


花粉症は昨年までは違ったのに、ある年から急に花粉症デビューすることがあります。花粉症の症状は風邪の症状とよく似ているので間違えやすいですね。

 

花粉症と風邪では対処方法が異なります。花粉症の症状が出たときは風邪かどうかチェックしてみましょう。また、親が花粉症だったら遺伝するのかも知っておきたいですね。

花粉症デビューの症状をチェック

鼻水、鼻づまり、ひょっとして花粉症かもしれません。今まで違っても今年からあなたも花粉症デビュー。気になる花粉症デビューの症状をチェックします。花粉症デビューには、このような症状があります。

 

①鼻づまり

鼻づまりは、鼻の粘膜が腫れてきて、鼻の通り道が狭くなり、鼻が通らなくなる症状です。鼻が詰まるため、夜もよく眠れなくなります。

 

②鼻水がでる

さらさらとしていて透明なことが花粉症の鼻水の症状です。

 

③くしゃみがでる

くしゃみは異物を外に出そうとして出るものなので、続けて何回もでることが花粉症のくしゃみの特徴です。

 

④咳が出る

口から息を吸うので、のどが乾燥しているのと異物である花粉が喉につくために咳が出ます

 

⑤においや味がわからない

鼻詰まりがあるため、鼻が利かなくなり、においや味もわかりにくくなります。

 

⑥目がかゆい

目に花粉が入るので、目が痒くなります。

 

⑦微熱が出る

異物が体に侵入するため、体が抗体反応で炎症を起こし微熱が出ます。

 

このような症状がある時は、花粉症かもしれません。花粉症は体に蓄積して急に出てくることがあります。花粉症デビューすると、それ以降、毎年花粉の時期になると花粉症になります。

花粉症は遺伝するの?

親や兄弟姉妹が花粉症の場合、自分も同じ遺伝子をもっているならいつか遺伝によって花粉症デビューするのかなって不安に思っている人もいると思います。

 

実際は花粉症は遺伝するかどうかと言えば、アレルギー体質として遺伝するということは一部否めないようです。母親の遺伝要素を引き継ぐ場合が多いという検証結果が出ているにもかかわらず、そうではないケースもあります。

 

例えば、母親は花粉症じゃないのに、二人の子供のうち一人が花粉症です。ちなみに父親は花粉症。こんな例から一概に母親の遺伝子を受けやすいとも言い切れないような気もします。

花粉症の遺伝についての検証結果より

花粉症は遺伝するかどうかを2012年12月にロート製薬が父母2,587人及びその子ども4,371人の症状や実態等について、集計・分析を行いました。その結果、子供が花粉症であると答えた人は25.7%で、4人に1人の割合でした。

 

そして、両親ともに花粉症の子供も花粉症だった人は43.2%になるのに対し、両親ともに花粉症で子供は花粉症でない人は11.6%しかいませんでした。また、父親だけが花粉症で子供も花粉症の人は23.4%、母親のみ花粉症で子供も花粉症の人は、32.8%という結果となりました。

 

このことから、両親ともに花粉症の場合、子供も花粉症になる確率は高いことがわかります。このことから花粉症は親のアレルギー体質を受け継ぐ可能性があるということです。特に、父親より母親のアレルギー体質の遺伝影響を受けやすいようです。

 

もし、両親が花粉症なら、今花粉症でなくても花粉症デビューする年があるかもしれません。なってしまうと辛い思いをするので、花粉症対策をしておきましょう。

出典元:0~16歳までの子ども4,371 0~16歳までの子ども4,371人の「子どもの花粉症」 人の「子どもの花粉症」 人の「子どもの花粉症」 調査結果発表より  ロート製薬株式会社

 

花粉症デビューしないための予防策

親が花粉の場合は、あなたも花粉症デビューをしたくないですね。花粉症になる前から体に入れないようにしておくと、花粉症デビューしなくても大丈夫かもしれません。花粉症が体に蓄積すると、花粉症デビューが間近になります。

 

①マスクをする

マスクをすることによって、花粉を吸って体に入る量が1/3~1/6に減らすことができます。マスクは鼻をしっかり覆うもので、鼻の形に沿って曲がるものがいいです。

 

②眼鏡

花粉症用メガネが市販で購入できます。普通の眼鏡と違って、眼鏡が目に沿うような形になっているので、花粉が横から入りにくいです。

 

③うがいと洗顔

帰宅したら、必ずうがいをしてのどについた花粉を洗い流しましょう。洗顔をすると、顔についた花粉を水で流します。

 

④花粉が付きにくい服装

ウールは花粉が付きやすいので、ポリエステルや化繊の物がおすすめです。家に入る時は、玄関の外で花粉を落としてから入りましょう。帽子を被ることで、花粉が顔につきにくくなります。

花粉症と風邪の見分け方

花粉症と風邪に見分け方は、次の点が異なります。

①目のかゆみや耳のかゆみ、皮膚のかゆみがある時や肌荒れがある花粉症、風邪ではかゆみはほぼでない

②鼻水がさらさらしていて透明な場合は花粉症で、風邪の鼻水は黄色いとか粘着性がある

③花粉症のくしゃみはたて続けに出ますが、風邪の咳は立て続けにはでない

④鼻づまりは花粉症の場合は重症であることが多いが、風邪の場合は軽い症状である

⑤発熱は、花粉症の場合は微熱か熱がないが、風邪の場合は高熱が出る

⑥花粉症の場合は痛みが生じることがないが、風邪の場合は節々が痛み、のども痛くなる

このように、花粉症と風邪では、症状が異なるので見分けることができます。風邪だけでなく花粉症デビューした人は、早めに医療機関を受診することで症状が重くならずに済みます。

まとめ

花粉症デビューはいつなるかわかりません。花粉症の症状が出たら早めに医療機関を受診して、花粉症がひどくならないような対策を講じましょう。花粉症デビューする前の予防も大事です。両親が花粉症の人は花粉症になる確率が高いので、前もって予防しておくといいでしょう。

 薬で予防よりも美味しいお茶で花粉症シャットアウトしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です