インフルエンザは10月でもかかるし、夏でもインフルエンザが猛威をふるっていると言われています。

1年中インフルエンザには注意しておかなくてはならないですね。

 

もし家族がインフルエンザにかかったら、家庭内での感染はどうなるのか移る確率が知りたいですよね。

 

私も今年のはじめにひとりがインフルエンザに感染してからと言うもの、次々と感染してしまいました。

その中でもひとりだけ感染しなかったんです。

 

免疫力が強いかどうかが分かれ道ですよね。

インフルエンザに家族がかかっても感染しないように予防や対策を知っておけば少しは安心ですよ。

家族がインフルエンザになったら空気感染や飛沫感染する?

同居している誰かがインフルエンザになったら、やがて自分もインフルエンザ移ってしまうかも!

と心配ですよね。

 

インフルエンザは空気感染しますというよりも、ウィルスが漂っている空気を吸っている限り、感染する確率はあります。

 

咳、くしゃみ、話した時に出る飛沫から空気中にウィルスが飛びまくっています。

 

  • 同じ部屋にいないようにする
  • 同じ空気を吸わないようにする
  • 感染者のそばにいないようにする

 

こんな予防をしようと思っても家族なら難しいですよね。

 

まして小さい子供がインフルエンザにかかったりすると、看病で親はそばに居てあげたいですしね。

インフルエンザに感染した子供から家族全員か移ってしまうこともあるんです。

 

看病する人はインフルエンザ感染しないように十分に注意することが大事です。

その前にインフルエンザの予防接種することが一番の予防と言えますが。

家族がインフルエンザにかかったら感染しないための予防策は?

インフルエンザやノロウィルス対策に除菌スプレーを活用しましょう!

楽天ショップで売上No。1

レビュー1万件以上

     ↓ ↓ ↓

 

家族がインフルエンザにかかったら、移る可能性は高いです。

でも何とか感染は免れたいですよね。

 

空気中のインフルエンザのウィルスを少しでも減らすことも大事です。

インフルエンザに感染しないために大事な予防策は?

空気を乾燥させないことイコール湿度を保つこと。

加湿器は大事なアイテムです。

濡れたタオルを部屋に干しておくことも良い。

抗菌殺菌力の強いアロマの力を借りる。

インフルエンザのウィルスが部屋中舞い散っていないよう、空気を綺麗に換気をすること。

外の空気と入れ替えするために窓を数時間ごとに開ける。

インフルエンザに感染している人は人に人に移らないようにマスクをする。

インフルエンザウィルスが体内に入らないように、細い繊維のマスクをする。

部屋の温度は一定の暖かさにする。

手洗いはマメにする。

忘れちゃいけないのが、インフルエンザなどのウィルスには最強のマスク!

売れているマスクをご紹介します。

 

インフルエンザにかからないための対策のまとめ

インフルエンザに感染しないためにはまずは予防接種。

 

インフルエンザの流行る時期は、マスクをして外出。

部屋は温かくし、暖房のエアコンなどで空気を乾燥させない。

エアコンを使うときには加湿も同時に使うと良いです。

 

インフルエンザは気温20℃以下、湿度20%の環境を好みます。

もし家族が感染してしまったら、同じ部屋になるべくいない。

 

感染者が触った場所はなるべく触れない。

 

タオルなどは共有しない!

 

まだ潜伏期間であるにもかかわらずお風呂に入ったインフルエンザの患者のあとには入浴しない。

等など出来ることはやったほうが感染率も低くなります。

 

☑インフルやノロが流行る前に準備!

レビューが1万件以上の商品をチェック!