豚肉の脂身が大好きな人もいますよね。

でもその豚の脂身、食べ方を間違えると下痢になって食中毒になることも!

 

豚肉の脂身を食べてアレルギーになることもあるので、注意が必要です。

 

豚肉を食べる時の注意点や、下痢になった時の治療法とは?

 

豚肉の脂身を食べた時の食中毒やアレルギーの症状とはいったいどんなものなんでしょうか?

 

<スポンサードリンク>


 
 

豚肉の脂身を食べて下痢になるのはなぜ?

焼肉だって脂身をしっかりと焼いているはずなのに、下痢になってしまった!

 

豚肉は半生は危険なのは承知だから、しっかりと焼いたり煮たりしますよね。

それでも下痢をしたのは一体原因はなぜ?

 

それは豚肉の脂身を食べたから!?

 

もしかしら焼き加減がイマイチだったかもしれませんね。

 

その他に豚の脂身ばかり好んで食べると、次第に気持ちが悪くなり下痢になることがあります。

それは脂身が消化が悪いためなんです。

 

 

大丈夫な人は大丈夫なんですが、あまりにも大量に脂身ばっかり食べると体が拒否反応を起こします。

油は消化が遅いんです。

 

消化が遅いのに、どんどん体の中に脂分を入れたら胃が耐えられなくなってきます。

胃に負担がかかり、消化がうまいこと出来なくなり下痢になってしまいます。

 

豚肉を食べて食中毒やアレルギーを起こさないために

豚肉を食べて食中毒になるのは、言わずとしれた細菌ですね。

 

火の通し方が甘かったりすると、豚肉に付いた菌をそのまま口にしてしまうことにもなります。

 

「サルモネラ菌」はしっかりと火を通して調理することによって死滅します。

豚肉と鶏肉は生では食べられないというのがその理由ですね。

 

牛肉は半生でもOKなのは、肉に付く細菌の心配がさほど無いということなんですよね。

とにかく豚肉は脂身から何からしっかりと火を通すことが食中毒にならずに済みます。

 

豚肉アレルギーの症状は下痢、腹痛、吐き気です。

 

重症になると、やはりアレルギー特有のアナフィラキシー症候群になり、呼吸が苦しくなり重篤な症状が出ることもあります。

 

豚肉を食べるとおかしな症状が出ると思ったら、医療機関で豚肉アレルギーの検査をした方が安心ですね。

 

豚肉アレルギーの心配を無くすには、やはりしっかりと火を通すことです。

豚肉の脂身を食べて下痢にならないようにする対策

 

<スポンサードリンク>



豚肉の脂身が油なら、調理する時に使うのも油だったら、油まみれ!

その量にもよりますが、その分だけ胃に負担がかかります。

 

でも脂身は好きなんだよな!

 

という人は、豚肉の脂身を食べても下痢にならない対策としてオススメの方法はコチラ!

 

☑食べる順番や、豚肉を食べる前に野菜を食べておくなどの対策をとると少しは胃に負担は軽減されます。

 

☑食べる時に、今流行りの脂肪を分解するお茶を飲みながら豚肉を食べるのもオススメです。

豚肉の食中毒の症状その他まとめ

豚肉を食べて下痢をして軽い症状なら、ビオフェルミンを飲んで様子を見ると言う方法もあるようです。

でもこんな症状があったら危険です。

 

 

「サルモネラ菌による食中毒」

血便を伴う下痢。

腹痛。

38度以上の発熱。

 

 

サルモネラ菌による食中毒になった場合は人への空気感染は無いのでご安心を。

自分のことだけを心配して下さい。

 

豚肉の脂身をどうしても食べたい人は、多量に食べなけらば大丈夫です。

栄養価はあり美味しいので、適度に召し上がって下さい。

 

その際は必ず火を中まで通すこと。

美味しくて安い豚肉は焼肉にしてたくさん食べたいですよね。

 

食べ方をきちんとしていれば下痢にならずに済みますよ!

 

<スポンサードリンク>