秋の花粉症はブタクサが原因?辛い症状に効果的な対策

 

花粉症と言えば、春のイメージがありますが、花粉症は年中発症するのです。

それぞれの季節によって原因が異なります。

秋の花粉症もあります。

 

特にブタクサ、これは一年中悩まされますよね。

辛い花粉症に効果的な対策はあるのでしょうか?

 

そこで、これから本格的な秋を迎えるにあたり、秋に発症する花粉症は何が原因なのか、

また花粉症に対する対策や注意点などを調べていきましょう。

 

<スポンサードリンク>


 

秋の花粉症の原因と特徴

 

春と思われがちな花粉症ですが、最近では秋の発症率も多くなっています。

花粉症の原因となるのは“花粉”です。花粉症の原因となる草木は1年を通して存在しています。

 

冬から春にかけての花粉症の原因は、スギ・ヒノキで、この植物は皆さんもご存知のとおり背が高いため、花粉は風に乗って10㎞まで飛散します。

 

 

秋の花粉症の原因の多くはキク科やイネ科の植物が原因ですが、スギやヒノキに比べて背が低く、風に流されてもせいぜい10mが限度とされています。

 

花粉症の原因となるキク科の植物は、ブタクサやヨモギ、イネ科ではカモガヤが代表的です。

 

秋の花粉症の特徴としては、秋風邪と間違えられることが多くあります。

 

まず、サラッとした透明の鼻水やくしゃみが1週間以上止まらないといったことや、微熱が続く、目のかゆみや喉の痛みといった症状がでてきます。

 

これらに心当たりのある方は花粉症の可能性も考える必要があります。

 

また、晴れた日に症状が出やすいのも、風邪の症状とは違いますのでご注意下さい。

 

春の花粉症と違う点は、スギやヒノキの花粉とは違い、粒子が小さく鼻の粘膜に張り付きにくいという特徴があります。

 

つまり、粒子が小さいと花粉が鼻を通じて気管にまで入ってきて、喉の痛みや不快感が特徴といえます。

 

1年中あるブタクサの注意点

 

 

ブタクサはキク科の植物で、春に芽が出て、夏から秋にかけて花が咲きます。

成長すると見上げるくらいの高さにまでなることが多くあります。

 

 

ブタクサの特徴は、他の植物と違い、花粉を昆虫などで媒介させるのではなく、風によって花粉をばらまき、雌蕊まで飛ばします。

 

 

自然の風によって目的地まで飛ばさないといけませんので、花粉を大量に飛ばす必要があるのです。

 

この大量の花粉が花粉症の原因になるのです。

 

花粉症やアレルギー体質の方は、とにかくブタクサなどの雑草に近づかないことが大切です。

 

スギやヒノキと違い、風に乗って飛散するといっても遠くまで花粉が飛びません。

 

ブタクサに近づかなければ、症状を抑えることが出来るとは言われているものの、どこからともなくブタクサの花粉症で辛い目に合う人はたくさんいますよね。

 

ではどんな対策をすればよいのか考えていきますね。

 

花粉症のつらい症状への予防や対策

 

<スポンサードリンク>


 

先ほど少し触れましたが、ブタクサやヨモギ・カモガヤなどは、風を利用して雌蕊まで花粉を運びますので花粉はそれほど遠くまで飛ぶことはありません。

 

したがって、空き地や河原など、雑草の生えている場所を避けるだけでも、症状をかなり抑えることができます。

 

花粉症対策としてはマスクも大切な予防のアイテムとなります。

でも常に花粉症で悩まされる方は花粉症用のマスクじゃないと、意味がないんです。

 

通常のマスクだと、花粉が中まで入ってきてしまいます。

 

さらに、外出して部屋に入る時は、花粉を部屋に入れないために外で服をはたくなどをして入るようにして下さい。

 

それでも花粉は室内に運ばれますので、花粉が貯まらないようにこまめに掃除をすることも大切です。

布団干しはNG、布団乾燥機で通さないと花粉は家の中に入ってくる恐れもあります。

早めに病院に行って、症状が出ない前にアレルギー対策をするのも対策のひとつです。

 

ブタクサの症状と時期

 

ブタクサの症状で現れやすいのが喉です。

 

ブタクサは他の花粉に比べて粒子が小さいですので、他の花粉と違い鼻に留まらず気管にまで入ってしまいます。

 

そのため咳が止まらない、声が枯れる、喉に違和感が現れるなど喉に症状が出やすいです。

 

 

ブタクサの花粉症の時期ですが、スギやヒノキの花粉症と違い、期間が短いのも特徴です。

 

ブタクサのピークは、9月~10月で、花が枯れる11月頃になると減少してきます。

秋のブタクサ等の花粉症のまとめ

秋の花粉症の原因は、キク科の植物であるブタクサやヨモギが原因となっています。

特にブタクサの花粉は他の花粉に比べて粒子が小さいのが特徴です。

 

そのため、喉に症状が現れるのが特徴となっています。

 

また、花粉症の時期は9月~10月がピークとなっており、11月になると治まってくるのも特徴です。

予防策としては、雑草の生えている場所には近づかないことですね。

 

秋は季節が一番過ごしやすい時期で、お出かけの回数も増えると思いますので、外出時にはマスクの着用を忘れずにして下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です