シンプルキッチンと言えば何を思い浮かべますか?

多くの方は、簡単なキッチンで質素なキッチンを思い浮かべると思いまいます。

 

しかし、ここでいうシンプルキッチンとは、モノを多く持たないということです。

そこでシンプルキッチンのルールとは何かを考えていきましょう。

 

<スポンサードリンク>


 

シンプルなキッチンにさせるコツとは?

最近、モノを持ち過ぎない生活スタイルが人気を集めていますよね。

しかし現実は、買い置きの調味料や食品などモノが溢れてしまうのがキッチンです。

 

キッチンという空間は、他の空間に比べてモノが多く存在する空間です。

調味料・保存食・調理器具・保存用のラップやアルミホールなど、大きさも形もバラバラのモノが多く存在します。

 

近年のシステムキッチンは、キッチンのまわりにモノが溢れないように収納に工夫がされています。

キッチンで一番気になるのがゴミ箱です。

 

最近のシステムキッチンでは、ゴミを分別して捨てられるように複数のゴミ箱を収納できるようになっています。

また、ラスストッカー(米櫃)も収納式になっているタイプもあり、キッチンの空間を広く使うことができるようになっています。

 

ゴミ箱は隠す工夫をすると、シンプルなキッチンに見えますよ!

 

シンプルスタイルのキッチン選びは収納がキモ

 

 

物を多く持つのが好きではない方には、あえて収納が少ないキッチンを選択しても良いと言えます。

 

例えば、引き出しタイプのシステムキッチンではなく、開き戸のシステムキッチンにすることで同じ設備機器が付いていても価格が安くなります。

 

また、開き戸にすることで掃除も楽に行う事ができます。

設備もシンプル過ぎるといかにも安いという印象になりかねませんが、収納の扉の素材やカウンタートップの素材に注意すれば高級感のあるキッチンにすることができます。

 

憧れのキッチンライフと現実のギャップ

 

<スポンサードリンク>


 

皆さんの憧れのキッチンとはどのようなものでしょうか?

 

例えば、広いカウンタートップ、お洒落な食器棚など豊富な収納、家族で囲む食卓など一言で言えばモデルハウスのキッチンのような暮らしです。

 

ここで考えてみて下さい。どうしてモデルハウスのキッチンに憧れるのでしょうか?

 

モデルハウスの場合、全く生活感がないということですよね。

 

必要な調理道具も揃っていないのが現状ですので、モノでキッチンが溢れるということがないからです。

シンプルキッチンにするには捨てる勇気も必要

 

シンプルキッチンの簡単なルールは、モノを持ち過ぎないということです。

使わない調理機器などは割り切って捨てるという判断も必要です。

 

例えば、一度だけ使ったお菓子作りの道具、二度と使う事のない電気ポット、今は使っていないコーヒーメーカーなど色々なものをそのままに置いていませんか?

 

いつ使うかわからない調理機器や鍋・食器など思い切って捨ててみてはどうでしょうか?

捨てるのが嫌なら、リサイクルショップやバザーに出品して処分するといった方法もあります。

 

不要な物あるいは使わない物を思い切って処分するという勇気も必要だと言えますので、勇気を出して実行してみて下さいね。

<スポンサードリンク>