出典www.wannyanoukoku.com

見るからに愛らしいその風貌はペットとして人気の猫のメヌエットをご存知ですか?

 

芸能人の中でもAKBの指原莉乃さんが二匹目の子猫としてミヌエットを飼ってますね。

 

またワタナベマホトさんが今、猫の動画をあげて超人気なユーチューバーになってます。

猫ブームがまた再来?

 

まだまだ珍しいミヌエットですが、気になるのはそのお値段。

そしてペットショップでは見かけないほど希少な猫なのです。

 

ブリーダー又はネットショップでしか中々購入は難しいのか、ミヌエットの飼いやすさと、性格そして寿命を調べてみました。

 

<スポンサードリンク>


 

猫のミヌエットの値段!ブリーダーとネットショップでしか買えない?

見るとマンチカンに似ているミヌエット。

マンチカンは遺伝子により短足でした。

 

それを固定化するためにマンチカンとペルシャを交配させ、その後、もう一度ペルシャ系の長毛猫と交配させて生まれた子猫がミヌエットです。

 

ミヌエットは、以前ナポレオンと呼ばれていましたが、2015年5月に「ミヌエット」という名前に変わっています。

ミヌエットは、直販のブリーダーかネットショップで購入しなくてはなりません。

 

一般のペットショップではマンチカンは扱っていますがメヌエットは扱っていません。

代表的なところは下のブリーダーやネットショップです。

 

①みんなのミヌエット子猫ブリーダー

全国の子猫を紹介する国内最大のブリーダー子猫直販サイトで、ペットショップを通さないので通常より安い値段で購入できます。

 

値段は種類によって様々で11~54万円くらいの幅があり、ミヌエットの中でも短足の子猫は人気があります。

購入した日から30日間は健康保障期間となっています。

 

URL: https://minuet.koneko-breeder.com/first.php

 

②子猫専門ブリーダートロのおうち

個人で経営しているブリーダーで、ネット販売はしておらず直販になります。

1カ月間の生命保障制度(¥12,960)があり、ミヌエットの値段は8万円~13万円くらいです。

 

URL: http://torofamily.jp/WAKA062620173.html

 

③coo&RIKU

Coo&RIKUではミヌエットをペットショップで取り扱っていて、ネットで検索し、直接店に行って購入します。

ここでは、ミヌエットの値段は、8万~30万と比較的リーズナブルな値段になっています。

 

ショップでは駆虫、ワクチン接種などを実施していて、生命保障制度も備えているので安心ですね。

 

URL: https://www.cats.to/breed/minuet/

ミヌエットの性格は?飼いやすいの?

東京グルメ時々ファッションから出典

ミヌエットの性格はマンチカンの血を引いているので、甘えん坊で好奇心が強く、活発に動きます。

とても人懐っこく、警戒心もないところがまた可愛さのある猫ちゃんですね。

 

あまりにも愛らしいので、つい甘やかしてしまうのでますます甘えん坊になりがちです。

毛は長毛と短毛と両方いて抜け毛が多いのでブラッシングが欠かせないのがちょっと大変かもしれませんね。

 

人懐っこいですが、子猫は運動好きなので運動できる環境にしてあげることが大事です。

長毛は抜け毛が多いという大変さはありますが、比較的飼いやすい猫だそうですよ。

 

メヌエットがかかりやすい病気や寿命は?

 

<スポンサードリンク>



ミヌエットは交配されてできた猫なので、もともとはマンチカンとペルシャ猫をかけ合わせています。

ペルシャは遺伝性疾患や先天性疾患が多く、特に多発性嚢胞腎症、肥大型心筋症、毛球症などの病気に要注意です。

 

重篤なものは心筋症や嚢胞腎症でいつもと違い、ぐったりしている様子が見受けられた場合。

そんな時はすぐに獣医師の診察を受けましょう。

 

心筋症は心臓が肥大したり、心臓の回りの筋肉が大きくなったりする病気。

多発性嚢胞腎症は、腎臓に水の袋が沢山出来て腎臓が機能しなくなる病気です。

 

いつもより水をすごく飲みたがり、尿量があまりにも多い場合はその病気の可能性があります。

 

毛球症は毛がお腹に貯まり、普通はヘアボールとなって吐き出したり、便から出したりすることによってお腹の中の毛を出しています。

毛球症の予防には、毎日のブラッシングが大切になりますね。

ミヌエットが遊べるキャットタワーなどを置いて、遊んでストレスを発散できる環境を救ってあげましょう。

 

ミヌエットは12年~14年が寿命とされています。

普段からの体重管理や健康管理を行うことによって、平均寿命より長く生きられる可能性があります。

ミヌエットの特徴やお手入れ方法

 

ドウェルフ – 猫ニュースより出典

①メヌエットの特徴

ミヌエットの体重はオスが3~4kg、メスが2~3kgで比較的骨格はしっかりしていて足が短く首がないところが特徴。

そのため顔が丸く見えます。

 

耳は小さく垂れている猫と立っている猫の両方いて、目は離れているところがまた可愛いですよ。

目の色はブルーかグリーンをしていて、くりくり目のかわいい顔をしています。

 

②ブラッシングの仕方

ミヌエットは毛が抜けやすく、毛球症になりやすいので毎日のブラッシングは2回ほど欠かせません。

メヌエットのブラッシング方法

・ブラッシングは霧吹きで毛全体を湿らせる

・毛を逆立てるように少し粗目のブラシでブラッシングする

・ブラッシングをしたら、コーム(くし)で頭からしっぽまでゆっくりととかし毛を整える

 

③シャンプーの仕方

長毛なら1カ月に1回、短毛なら半年に1回を目安に行います。

水を嫌がるので、無理にシャンプーする必要はありません。

 

シャワーを直接かけないで、手ですくってぬるい水をかけてあげると負担になりません。

 

④爪切りの仕方

猫をリラックスさせて、肉球を押すと爪が出るので、爪の白い部分のみ爪切りで切ります。

ピンクの部分は神経や血管が通っているので切らないように気を付けましょう。

 

⑤耳や目の手入れ

ミヌエットは耳の病気になりやすいので、2週間に1度ほど綿棒にイヤークリーナーを染ませて軽くふき取ります。

目も同様にガーゼやコットンなどの柔らかいもので、専用の消毒液かぬるま湯で優しくふき取ってくださいね。

 

まとめ

ミヌエットは人懐っこく、とても愛らしいのでペットとしてこれから需要が高くなりそうな猫です。

リアルなペットショップではまだ購入はできないので、ブリーダーやネットショップで取り扱っています。

猫をお探しの方は、かわいいミヌエットはいかがですか。

 

<スポンサードリンク>