なぜ青山テルマとレモン?

最近青山テルマの現在は再ブレークしてます!

30歳目前ですが、ヤンキーキャラはそのまま健在。

 

“そばにいるね”でヒットした歌手で先日バラエティ番組に出演し反響を呼びました。

 

実は検索エンジンで「青山テルマ」を調べると「青山テルマ レモン」と出てくるほど彼女はレモンや酸味のある物が大好きなのです。

そこで今回は青山テルマさんも大好きなレモンの効果についてまとめていきます!

 

<スポンサードリンク>


 

再ブレークしている現在の青山テルマが好きなレモンの効果とは?

 

ここ最近歌ではなくトークで再ブレークしている青山テルマさんですが、

豪快で非常にユニークな性格の彼女はレモンの使い方もかなり豪快です。

 

サラダにはもちろん焼肉にはレモンスープ思う存分浸していた光景が

先日のバラエティ番組で大変反響を呼んでいるのです。

 

私もレモンは好きですが、そういった使い方をしたことがなかったので試してみようかな?

っという気にもなるくらい美味しそうに召し上がっているのが印象的でした。

 

それでは栄養も豊富なレモンの効果も見ていきましょう。

 

ビタミンC:言わずと知れたレモン=ビタミンCには美肌効果があり、

メラニン色素が作られるのを防いでくれたりコラーゲンの合成を助けてくれたりします。

 

青山テルマさんはレモンを食べても色白ではないのはクオーターだから。

 

また、喉の痛みもビタミンCで軽減できると言われています。

 

クエン酸:すっぱい成分でこれのおかげで新陳代謝が上がりダイエット効果が期待できます。

ダイエット効果のあるレモンだから、青山テルマは細いのかな?

 

そして血液の流れも良くしてくれるので動脈硬化や高血圧の予防、さらに腎臓結石の予防など腎臓機能の改善までしてくれます。

 

ポリフェノール:抗酸化作用で若返り効果が期待できます。

青山テルマの水着姿を見て、「小学生やんけ?」

と言ってました。

そんなに若返るのかい?

 

リモネン:リラクゼーション効果

 

ペクチン:血糖値の安定やコレステロール値の低下効果、

乳酸菌を増殖させてくれて整腸作用があります。

 

美人は腸内環境のバランスを良くすることから!

だからレモン

 

カリウム:塩分や老廃物の排出を助けてくれます。

 

リミノイド:がん細胞が生成されるのを防いでくれます。

 

エリオシトリン:油に対して強い抗酸化力があり果汁や皮に多く含まれています。

 

果肉だけではなくレモンの果汁にはデトックス効果があり消化酵素の働きを助けてくれる効果もあります。

 

レモンを食べすぎると副作用はあるの?

 

 

栄養素が多いレモンですが、食べすぎると逆に体に良くないのでしょうか?

実際のところレモンの食べすぎが原因で副作用が必ず起こると言うことはないようです。

 

ビタミンCを過剰にとっても余分な分は尿として排出されてしまいます。

 

一概にレモンを食べすぎたせいとまでは言えませんが、

ごくまれに大量摂取したビタミンCが原因で下痢を起こす人もいるようです。

 

また、レモンに含まれるクエン酸は胃腸粘膜を保護してくれる役割もありますが、

空腹時に大量にクエン酸を摂取すると腹痛になることがありますので注意が必要です。

 

レモンを一度に大量摂取したため以上の症状が出る場合もあり得ることではありますが、非常にまれです。

 

空腹時にクエン酸を大量に摂ればレモンでなくとも腹痛になる可能性はあるんです。

 

一概にレモンが悪いとも言えませんね。

 

レモンはダイエットに最適?

 

 

<スポンサードリンク>


 

 

レモンのダイエットにも嬉しい栄養素として食物繊維のペクチンがあります。

このペクチンは腸内環境を整えてお通じを良くしてくれて、消化にも時間が掛かるので満腹感が続くのです。

 

また、レモンの色の元であるヘスペリジンという黄色い成分にも脂肪の吸収を抑える働きがあります。

 

クエン酸やビタミンCが疲労回復を早めることで、新陳代謝が活発になり脂肪が燃えやすくしてくれます。

 

レモンで十分にダイエット効果が期待されそうですね!

 

レモンを使ったダイエット法はとても簡単で1日1レモンを摂るだけです。

 

毎日食べているお肉やお魚、お野菜の付け合せやドレッシングに使っても良いですし、

水や炭酸水などで割って飲むのも美味しいです。

 

他にもレモンお湯、はちみつを混ぜてホットレモンやホットレモンにゼラチンを混ぜてゼリーにしたり・・・

と簡単にレモンは摂ることが出来ます。

 

出来れば皮ごと調理に使うのが良いので、はちみつレモンを作って皮ごと食べる方法もおすすめです。

 

レモン酢とレモン水について

 

 

1日1レモンでダイエット効果は高くなりますが、

レモンにはリラックス効果もあります。

 

ちょっと疲れたなぁっという時にぜひ試していただきたいのがレモン酢とレモン水です。

どちらも簡単にできるので是非試してみてくださいね。

 

まずレモン酢の作り方から、

材料:レモン・・・1個、酢(黒酢かリンゴ酢)・・・レモンが浸かるくらい、はちみつ・・・約30グラム

 

  • まずレモンはよく洗って輪切りにします。
  • ①にお酢を入れ、はちみつを入れて混ぜたら完成です。

 

手順が切って混ぜるだけなのでとっても簡単ですね。

レモン酢は3倍以上に割って飲むようにしましょう。

 

また調味料の代わりにも使えるので、料理の仕上げにちょっとかけてもコクと酸味で美味しく仕上がりオススメです。

たくさん作っても保存がききます。

 

大量に作り置きしたいのなら容器は必ず煮沸消毒をしてから使用してください。

 

レモン水の作り方

こちらは更に簡単でコップ1杯の水か白湯にレモン汁1/2個を絞るだけです。

飲むタイミングは朝起きて朝食前に一杯飲むのがベスト!

 

寝起きにお水を飲むときレモンを入れるだけなので毎日続きそうですね。

朝以外なら夕食後の就寝前に摂るとリラックスして眠れるのでオススメです。

 

ただし、レモン酢もレモン水も注意点があるので以下の点に気をつけましょう。

・紫外線の強い時期には飲みすぎないようにしましょう。

 

レモンには「ソラレン」という物質があり、

そのソラレンが紫外線を吸収しシミを作ってしまいます。

 

美容のために摂ろうとしているのにシミになってしまっては元も子もありません。

 

・レモンを摂取したらすぐ歯磨きをしない。

レモンにはエナメル質を溶かす成分が含まれているので、白い歯をキープしたいのならすぐ歯磨きはしないようにしましょう。

その代わりに水を口に含みブクブクはして下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

青山テルマさんも大好きな栄養満点のレモン知れば知るほど魅力的ですね。

 

注意点もありますがダイエット、美容や健康のためにも毎日摂り続けていきたいですね。

 

<スポンサードリンク>