春は杉やヒノキの花粉が多く飛び交い、花粉症が多いですが、秋にも花粉症になる人が増えています。

秋に悩ます花粉症と言えば、ブタクサ。

ブタクサの花粉では1年中苦労しているアレルギー体質の人も少なくないんです。

 

花粉症になると、洗濯ものは外に干せずに辛い思いをする人が多いですね。

そもそも花粉症とはなぜ起きるのか、どんな症状が出るのか、

花粉症は予防できるのかについて知っておくと秋を快適に過ごすことができますよ。

 

<スポンサードリンク>


秋の花粉症になる原因は何?

 

花粉症になるメカニズム

もともと花粉は無害なものですが、体が花粉を異物としてとらえてしまい、アレルギー反応を起こすためです。

秋の花粉症の原因となる代表的な花粉は、セイタカアワダチソウ、ヨモギ、ブタクサ、カモガヤ、カナムグラなどです。

秋の草花は、どこにでも生えていて、散歩をしているとよく見かけますよね。

 

秋は春の花粉症の人より少ないですが、秋の花粉症の人は全体の約15%だとされています。

秋の草の花粉でもブタクサは粒子が細かいため、鼻に引っ付き、器官に入りやすくなります。

 

花粉のアレルゲンが体内に入ると、体は異物が入ってきたと感じ、抗体を作ります。

抗体が体に貯まって飽和状態になると、アレルギー症状がでて花粉症になります。

 

花粉症はどんな症状がでるの?

 

 

 

花粉症が発症すると、鼻水、咳、くしゃみ、涙、目がかゆい、皮膚のかゆみ、のどの腫れ、微熱などの症状がでて初めは風邪と間違えることもあります。

 

風邪の場合は、鼻水が黄色い鼻になることがありますが、花粉症の場合は透明の粘り気の少ない鼻水となります。

簡単に出来る花粉症の予防とは?

 

<スポンサードリンク>


 

秋の花粉症、イヤですよね!

まずは簡単に出来る花粉症の予防とは?

体に花粉が蓄積しないようにすることが大事です。

花粉症になっている人もできるだけ軽くするためには次のことに注意するといいでしょう。

 

  • 外に出る時はマスク、眼鏡等を付ける

花粉用マスクの着用は、花粉を体内に入れないようにするために欠かせません。

マスクは顔をすっぽり覆うもので、横から花粉が侵入しないものを選びましょう。

 

ちなみに普通のマスクでは花粉は侵入してきます。

密度の濃い、花粉シャットアウト出来るようなマスクに限ります。

 

また、花粉が目に入ると、赤くなりかゆくなって涙が止まらなくなることがあるので、

サングラスや花粉症用の眼鏡をかけると目に花粉が付きません。

 

帽子や長袖の服を着用して花粉が肌につくことを防ぐことも大事です。

 

  • 帰宅時は花粉を落とし、うがいをする

帰宅時は、花粉を玄関に入る前に下へ落とします。

パンパンとたたくと花粉が舞い散り服にまたついてしまうので軽く落とします。

 

衣類用花粉クリーナーを使うと掃除機のように吸い込むので飛び散る心配がありません。

それでマスク着用していない場合、家に入ったらうがいをしてのどについた花粉を取り除きます。

 

洗濯ものを外に干した場合も中に入れる前に花粉を下に落としてから入れましょう。

花粉が飛んでいる時期だけ家の中に干すほうがいいですが、

外に干したい場合は洗濯ガードをすると花粉を落としやすいです。

 

うがいは口だけでなく鼻もすると鼻の粘膜についた花粉を落とすことができます。

市販で売っていて鼻から入れて口から出すという要領で行います。

蒸しタオルで鼻を温めると鼻の通りを良くする効果がありますよ。

 

  • 予防薬を服用する

アレルギー体質の人は、早めに耳鼻咽喉科へ。

秋に入るころに、花粉症の予防薬を医療機関で処方してもらい、服薬するとアレルギー反応を抑えるため花粉症によるアレルギー反応が出ません。

 

ただ、薬には眠くなる成分が入っているものもあるので車の運転には注意が必要です。

 

秋の花粉症にならないための予防のまとめ

 

花粉症で悩むかなと思ったら?

秋の花粉症も春同様、外出時はマスクや眼鏡、長袖の服などを着用し、花粉が体につかないように予防しましょう。

 

口や鼻のうがいをすることで、粘膜についた花粉を落とし、花粉症発生を抑えることができます。

受診して予防薬を処方してもらうとずいぶん楽に過ごせます。

 

<スポンサードリンク>