秋の食欲を抑える効果的な方法!太る秋にオススメな飲み物と食べ物

 

秋になると、どうしても食欲が増して太ってしまうという人がいます。

味覚の秋と言われているほど、秋はおいしいものがいっぱいあります。

 

でも、食べすぎは健康や美容に良くないですね。

秋の食欲を抑えるためにどんな方法が効果的かをご紹介します。

太りやすい秋にオススメな飲み物と食べ物とは?

 

<スポンサードリンク>


 

秋はなぜ食欲が増えるの?

 

秋に食欲が増えるのは何故でしょうか。それは、次のような原因のためです。

 

  • セロトニンが減少する

秋になると日が短くなってきますよね。

秋は物悲しい感じがするのは?

脳内の精神を安定させる働きがあるセロトニンが減少するためです。

セロトニンは食欲を調整する機能もあり、セロトニンが減少すると食欲を抑える機能があまりきかなくなります。

 

セロトニンを増やすには、日光に当たることや睡眠を増やすことだけでなく、糖質や乳製品、肉類のタンパク質を増やすとセロトニンも増えてきます。

 

セロトニンが増えれば、食欲も抑えられそうですね!

 

  • 秋はエネルギーを蓄える時期

秋は冬に備えて体にエネルギーを蓄える時期です。

そのエネルギーはまず筋肉に、そして余ったものを脂肪に蓄えられます。

 

運動をしている人はエネルギーとして消費されるので、脂肪に蓄えられずに消費されてしまいますが、

あまり運動をしていない人は脂肪として蓄えられてしまします。

秋は体内にエネルギーを貯めるということでも、季節の中で一番太りやすい時期なのです。

 

3、味覚の秋は食欲の秋

秋には栗ご飯、秋のさんま、鮭、マツタケご飯、大学芋など香りや彩がよく、食欲をそそるものが沢山あります。

そのため、つい食べすぎてしまうということがあります。

 

秋の食欲を抑えるにはどうしたらいいの?

 

秋に太らないために食欲を抑える方法をいくつかあげます。

 

  • 睡眠を十分にとる

睡眠不足は、食欲を増やすグレリンというホルモンが分泌されることがわかっています。

十分な睡眠をとることによって、成長ホルモンの分泌を増やし体の代謝を良くすることができます。

  • 朝、日光を浴びる

日光を浴びるとセロトニンが分泌されます。

睡眠をしっかりとることと朝、日光をあびることで、セロトニンがより分泌され食欲は抑えられます。

 

  • 食べる時によく噛む

脳内にヒスタミンが増えると食べる量が減ります。よく噛むことによって、脳内のヒスタミンは増えるので食欲が減ります。

 

  • 青魚を食べると食欲を抑えられる

ぶり、サバ、かつお、さんまなどの青魚にはヒスタミンに代わるヒスチジンは

血液脳関門を通るときに脳内でヒスチジンに変化し、食欲を抑えることができます。

 

  • 食事の順番を考える

まず汁物を食べてお腹を少し膨らまします。

汁物がない場合は、炭酸水を飲むと炭酸でお腹が膨らみます。

 

 

食欲をおさえるには食事の前の汁物、炭酸水がオススメ!

 

その後に野菜→タンパク質→炭水化物(ごはん、パンなど)→果物の順番に食べると

食後の血糖値の上がり方が緩やかで、太りにくくなります。

 

最初に汁物や炭酸水を飲むことによって、食欲が抑えられます。

野菜やタンパク質を先に食べることで、炭水化物を食べる量を抑えられます。

 

食欲の秋を乗り切ることのまとめ

 

<スポンサードリンク>


 

秋の食欲を抑えるには、十分な睡眠をとり、朝起きてすぐに日光を浴びると食欲を抑えるセロトニンが多く分泌するようになります。

幸せホルモンのセロトニンが増えれば、食欲も抑えられます。

 

睡眠不足はグレリンというホルモンが増えて食欲をアップしてしまいます。

なるべく6~7時間位は寝られるようにしましょう。

 

食べる時によく噛み、青魚を食べることでヒスタミンの分泌をよくして、食欲を減らすことができます。

食事の時に、最初に汁物や炭酸水を飲んで、次に野菜サラダ→タンパク質→糖質をとることによって、糖質の食べすぎを抑えられます。

 

食欲の秋という人もいれば、秋は食欲が無くなるという人もいます。

個人差がありますね。

でも秋は冬に向かって太りやすい時期であることは間違いなさそうですよ。

 

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です