最近の秋は温暖化のせいか、あっという間に過ぎ去りすぐ冬。

残暑厳しい夏が終わり、秋になっても体調不良が続く場合があります。

 

暑い日が続いたかと思えば、夜中や朝方は急に涼しくなったり・・・

体がついていかないですよね。

 

温度の変化についていけずに体調を崩す人が秋には多いんです。

だるい、鼻水が出る、めまいがする、頭痛がする、肩こりがする、咳が止まらない

等などの症状はありませんか?

そんな症状が出た時の治し方や予防法が知りたいですよね!

 

<スポンサードリンク>


 

9月に体調を崩す原因は温度差による体調の乱れ

 

夏は夏バテ等のだるい等の症状が出ますが、

残暑がまだ残る秋の9月10月も体調を崩しやすいですね。

 

とは言うものの、体調を崩す原因は一年中ありますが。

夏は1日じゅう暑い、9月の声を聞くとめっきり朝晩は冷え込みます。

 

衣服ひとつで温度設定は出来ますので、少しでも体が冷えたかなと思ったら

1枚羽織ることが風邪を引いたりしないことにつながります。

 

お腹に来る風邪も、冷えが原因の事が多いんですよね。

体が冷えていると、風邪を引きやすいだけではなく

免疫が低下してしまいます。

 

体が冷えると、色んな病気を受けやすくなるんです。

日中と朝晩の温度差が出てくると自律神経が乱れてきます。

 

自律神経の乱れを起こさないことが体調を崩さないことにつながります。

 

秋の体調不良は自律神経の乱れが関係している?

自律神経の乱れを起こさないようにすることが体調不良にならないと言うことがわかっても

一体どうすれば自律神経を常に正常にすることが出来るのかが知りたいところです。

 

まずは、基本的に体を冷やさない。

残暑残る秋でも夜中は冷えるので、半袖のパジャマは心配です。

素材は薄くても良いので出来れば長袖に切り替えたほうが良いですね。

 

体を冷やさないことも必要ですが、自律神経が乱れるには人によって原因は様々。

昼夜逆転の生活をしていても自律神経は乱れやすいといいます。

 

過度のストレス。

自分、身内の病気。

転職、リストラ。

離婚、別居。

 

どうしても切り抜けなくてはならない場合は時間が過ぎ去るのを待つしかありませんが

その都度対処できる何かを探すことが大事です。

 

リストラされ、妻に逃げられ離婚した男性のドキュメントをテレビでやっていた時のこと。

その方は占いで自分の不安を解消していました。

 

ストレスも緩和できていたようです。

ストレスがかかると、自律神経は乱れやすいので何か解消する方法を見つけ出して下さい。

 

自律神経が乱れると、秋の体調も崩れやすくなります。

神経から来る胃炎や、過敏性大腸炎、過呼吸症候群、不安症、うつ病、ウイルス性の感染等など。

 

体調不良の原因である自律神経の乱れを整える予防法

 

<スポンサードリンク>



自律神経が乱れる原因は人によって違います。

ただ単に体が温度についていけないだけではなく、

精神的、肉体的なストレスによって自律神経は乱れてきます。

 

その状態から回避するには?

例えばあまりにも辛い職場でうつ病になる寸前まで自律神経が乱れたなら・・・

仕事を辞める方法も視野に入れる。

 

誰にも相談できないことを抱えている場合は・・・

カウンセリングをしてもらう。

 

色んな対処の方法がありますが、難しい場合もあります。

そんな場合はいくつか方法があります。

 

  1. 食事
  2. 睡眠
  3. 入浴
  4. 運動

 

食事・・・腸内環境を良くすることが免疫を整えてくれます。

発酵食品、食物繊維等が良いと言われています。

 

毎日だったら、お味噌汁、梅干し、キムチあたり。

睡眠・・・

部屋を暗くしてゆっくりと7時間位寝る。

朝は太陽が部屋に入る工夫をする。

 

入浴・・・ゆっくりと38度~40度位のお風呂に入る。

運動・・・頑張りすぎない程度に。

出来る範囲の運動を。

散歩、ジョギング、水泳、競歩等などの有酸素運動。

 

筋肉を作る無酸素運動も自律神経の乱れを整えるには良いのですが、

無酸素運動となると、腹筋やスクワットになってしまいます。

辛くならないで楽しめるのであれば有酸素運動も無酸素運動も取り入れると良いですね。

 

<スポンサードリンク>