鈴木明子はうつ病で摂食障害?

 

摂食障害のひとつ拒食症になってしまいました。

太っちゃいけないと一切炭水化物を食べなくなって激やせした鈴木明子。

 

 

なぜ拒食症になってしまったのか、また鈴木明子の歯並びや歯の状態もネットでは色々と噂になってます。

そんな彼女が拒食症になってしまった経緯などが気になります。

<スポンサードリンク>


鈴木明子の拒食症の始まり

 

1985年3月28日生まれの鈴木明子は6歳からフィギアスケートを始めました。

実家が割烹料理屋「和乃家」を営んでいる影響もあり、食生活は母親が管理したものをそのまま実践していたようです。

 

それはスケート選手であるということでの体調管理や体重管理などを考えた母親の愛情だったと思います。

 

自炊をした鈴木明子ですが、太ってはいけないと言う気持ちが常にあるためコントロールも大変だったようですね。

 

160センチ48kgをキープしていた彼女は、拒食症になり32キロまで減ってしまいました。
鈴木明子はなぜ拒食症になったのでしょうか?

 

それには2つ理由があるようです。

 

  • 母親譲りの完璧な性格
  • 「1㌔減らせればジャンプが飛べる」と言ったコーチの言葉

 

歯を溶かす摂食障害「拒食症」とは?

 

<スポンサードリンク>


 

鈴木明子の歯は何かと話題になってます。

歯並びと、歯の輝きのなさ。

 

歯並びはどうすることも出来ませんが、どうやら矯正をしたようですね。

結婚もしましたし、美しい妻でいたいと言う思いも合ったのかもしれません。

 

 

拒食症の人は歯が溶けると言われているのは、吐いてしまうため。

鈴木明子は吐いたかどうかわかりません。

 

 

もしも吐いていたとしたら、吐く時に上がってくる胃酸が影響して歯の表面のエナメル質が溶けてしまった可能性があります。

エナメル質は白く輝いています。

 

 

吐く癖のある拒食症の人は歯が溶けるだけではなく、虫歯にもなりやすいんです。

 

本当は痩せるよりも歯が大事なんですが・・・

 

拒食症になり食べるものを極端に減らすと、歯だけではなく、生理は止まり貧血状態になり人間の生命も危ぶまれてしまいます。

 

160センチの鈴木明子は32キロだったときのことを思うと、かなり危険な状態です。

 

そこで母親の愛情があったからこそ拒食症も改善されていきました。

一ヶ月で10キロ減量したなんて、普通だったらありえないです。

 

 

そこを母親はこのままじゃ娘が大変なことになると感じたのでしょう。

厳しい母親も娘に生きてもらいたいから、食べられるものから少しずつと言う接し方にしたそうです。

 

 

そうなると、彼女も母親に心配させてしまっていると思ったのでしょうね。

 

自分が食べて、摂食障害である拒食症が治れば母親の喜ぶ顔が見られると思い、徐々に食べられるようになったそうです。

 

 

実際は拒食症が酷かった大学2年生の時に医師から摂食障害と診断され、入院する一歩手前までの状態だったそうです。

 

そこまで重症な拒食症は中々すぐには治りませんが、だいぶ元の体の状態に戻ってきたようで親としても安心ですね。

 

 

摂食障害で悩んでいる人が世間ではいっぱいいます。

うつ病と摂食障害は重なりやすい病です。

 

 

一番良かったのは、「摂食障害からの復帰」

 

そして、同じ病気の人たちから勇気づけられたという手紙をもらっているそうです。

経験として誰かが救われれば良かったのかなと語っています。

 

<スポンサードリンク>