子供の熱中症の症状とは?予防と対策を知っておこう!

 

夏は熱中症が心配ですよね!

野外にいるとき、急に体調が悪くなったら熱中症かもしれません。

 

特に子供は熱中症になりやすいので、ひどくなる前に調子悪そうだということを察するのが大切ですね。

子供の熱中症の症状とは?

予防と対策も知っておきたいですね!

 

<スポンサードリンク>


 

子供の熱中症の初期症状とは?

 

子供が腹痛を訴えたり嘔吐や下痢が始まると熱中症の初期症状だと判断する人が多くいますが、ここまでの症状が現れた場合は既に熱中症が既に悪化しているので応急処置をしつつも病院を受診して下さい。

 

熱中症の進行は非常に早く、嘔吐などの中期症状が出始めると言葉も曖昧になる可能性もあるので注意が必要です。

熱中症の初期症状は顔のほてりや乾燥(特に唇や頬に症状が出やすい)、食欲不振や発熱など少しの変化です。

 

日々子供の様子を見ている保護者しか気付けないほど些細な症状なので、暑い日やプールなど熱中症になる可能性の高い日はより注意深く観察しましょう。

 

子供が熱中症にならないための予防と対策

 

 

熱中症の予防で最も大切なのが水分補給です。喉が乾いてから水分を摂るのでは遅すぎるので、こまめに少しずつ飲むようにしてください。

 

暑い日はついつい冷たい飲み物が欲しくなりますが、冷たすぎると身体への吸収が遅れるので常温か氷り抜きの水分を選ぶと効果的です。

 

子供の虫歯が気になるので麦茶など砂糖の含まれていない飲み物を選びがちですが、暑い日や長時間日光を浴びる可能性のある日はスポーツドリンクなど適度な塩分を含んだものがお勧めです。

 

特に最近では経口補水液という身体への吸収が早い飲み物が、熱中症対策として医療関係者からも注目されています。

 

 

また、直射日光が頭部に長時間当たると熱中症になるので、野外では必ず帽子を着用させてください。

身体に溜まった熱の放出が汗で張り付いた衣服に邪魔されると熱中症になるので、通気性の良い衣服を選び着替えもこまめに行うと効果的な熱中症対策になります。

 

あまり暑くない日でも本人の体調が悪かったり生活習慣が乱れていると免疫力が低下して熱中症になりやすいです。

普段からバランスの良い食生活と十分な睡眠を心掛けてください。

 

特に夏休み期間は生活が乱れやすいので、意識して正しい生活リズムを促すようにしましょう。

 

子供が熱中症で脱水症状になった時の応急処置

 

<スポンサードリンク>


 

子供は身体が小さい分、大人に比べて熱中症の進行も早いので変化に気づいたらできるだけ早く応急処置をする必要があります。

 

熱中症の応急処置で大切なことは、身体を冷やして水分補給をさせることです。

ひとまず直射日光の当たらない日陰か涼しい室内に患者を移動させ、身体の上体を横にさせましょう。

 

 

汗をかいた衣服は身体の熱の放出を妨げるので、可能であれば脱がせるか通気性のよい服に着替えさせます。

保冷材など身体を冷やす道具があれば、首の後ろ・脇・足首を中心に冷却し体温を下げます。

道具がなければ身体に水を掛け、うちわやタオルなどで仰ぐのも効果的です。

 

 

熱中症になると大量に汗をかいて身体の水分やナトリウムなどのバランスが崩れている脱水症状の状態なので、意識があるなら水分と適度な塩分を補給させることが大切です。

 

嘔吐の症状がある場合は水分を摂っても吐いてしまい、余計に体内の水分を失わせてしまう危険があるので無理して飲ませないようにしてください。

 

熱中症で病院に行く症状のレベルとは?

 

夏場であれば誰しも経験のある熱中症なので病院に行くほどのことはないだろうと勝手に判断してしまう人が多くいます。

 

思うよりも熱中症の進行は早く、悪化すれば運動能力や意識の低下症状が現れ最悪の場合は死亡する可能性もあります。軽く考えず症状が出たら念のため病院へ行きましょう。

 

 

熱けいれんや熱失神などの症状が出た場合は大変危険な状態で迅速な治療が必要です。

 

ためらうことなく救急車を呼び、救急隊員が到着するまでは応急処置をして待ちましょう。手遅れになると症状の回復も時間を要するので注意してください。

 

子供が熱中症にならないように、予防と対策を前もってすることが大切ですね。

 

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です