子供も大人も大好きなディズニーランド。

真冬だって真夏だって行きたいものは行きたいですよね!

 

夏の暑さの真っ盛り、夏休みにも子供が喜ぶディズニーランドに遊びに行く人も多くいます。

夏のディズニーランドで熱中症になる大人も子供も多いのだそう!

 

楽しいディズニーランドですが、大混雑の中ほぼ野外を移動し続けなければならず

興奮で自分の体調の変化にも気付けない可能性も高いです。

 

ディズニーランドで熱中症にならないためには、どのような暑さ対策が必要でしょうか。

 

<スポンサードリンク>


 

ディズニーランドで熱中症にならないための予防と対策

 

ディズニーランドの前日は興奮してなかなか寝付けず睡眠不足のまま出かけてしまう子供が多くいますが、体調が万全でない状態は熱中症になりやすいので危険です。前日は適度に運動させ、眠りにつきやすい状態を整えるようにしてください。

 

 

また、ディズニーランドは移動やアトラクションを待つ場所が基本的に野外なので熱疲労に注意が必要です。帽子をかぶり、汗をかいた衣服は頻繁に着替えるようにすると熱中症予防に効果的です。

 

水で濡らしたタオルなどを袋に入れて、持っていくと良いですよ。

濡れたタオルで体をふくのは乾いたタオルで拭くよりも、断然良いのです。

 

喉が渇く前に少しずつ水分を補給し脱水症状に備えるのも大切です。ディズニーランド内にも飲み物は売っていますが少し料金が高いので、凍らせたペットボトルや魔法瓶の水筒を持参するとお財布にも負担をかけません。

 

 

子供の熱中症も心配ですが、抱っこや場所取りなど子供のために張り切る大人の熱中症にも気を付けてください。

少し疲れたと思ったら無理せず涼める場所で休憩してください。

 

子供連れでのディズニーランドは普段より疲れるので、最後のショーまで絶対に帰らないつもりでも身体に異変を感じたら潔く諦めて帰宅して下さい。

 

 

ディズニーランドで熱中症にならないための食べ物と飲み物とは?

 

 

ディズニーランドには夏季限定の可愛い飲み物やミッキーフェイス型のアイスキャンディーなどが販売されている他、パーク内のあちらこちらに自動販売機が設置されています。

 

でも夏場はどこもアトラクション並みに混んでおりペットボトル一本買うのにも時間がかかります。

 

 

熱中症は水分だけでなく汗とともに塩分も排出してしまうので塩分のとれる食べ物も大切です。

熱中症対策の飴などを忍ばせると安心です。

 

 

さらに、ディズニーランド内のドリンクやスナックは自動販売機でさえ値段も高く、何本も買うとそれだけで大きな出費になります。自宅からの飲み物や温度を保つ水筒、塩分の摂れる飴などの持参を忘れないようにしてください。

 

夏の暑い時期、ディズニーランドでは大人も子供も家を出る前の熱中症対策は絶対に必要ですよ!

 

ディズニーランドで熱中症になりにくい服装やグッズ

 

<スポンサードリンク>


 

炎天下を長時間移動するディズニーランド内は汗をかきやすく衣服が張り付くと熱がこもるので、風通しのよい服装を心掛けることはもちろん、着替えを持参すると熱中症対策になります。

 

ディズニーランド内のショップにも可愛いキャラクターTシャツなどのグッズが販売されているので、着替えはディズニーランドで購入するのも気分は盛り上がりそうですよね。

 

 

また、ミニ扇風機や保冷材などの身体を冷やすグッズ、日傘や帽子などの日よけグッズも販売されているので記念も兼ねて購入すると楽しいです。

 

ディズニーランドのホームページに夏季限定の熱中症対策になるグッズが掲載されているので、あらかじめ購入できる場所や値段をチェックしておくと安心です。

 

 

野外で熱中症かなと思ったら

 

 

顔のほてりや皮膚の乾燥など熱中症の初期症状が現れた場合、すぐに日陰か涼しい室内に移動し身体を休めてください。野外で長い間を過ごすので日焼けと勘違いして無理をする人も多くいるので、疲れてなくてもこまめに休憩を挟んでください。

 

熱中症の症状が熱けいれんや意識混濁まで悪化した場合は、近くのスタッフに知らせて救急車を呼んでもらってください。ディズニーランドには救護室があるので、そこまで案内してもらい応急処置を取りながら待ちます。

 

夏場のディズニーランドで熱中症になる人は非常に多いのでスタッフも対応には慣れています。安心して任せましょう。

 

<スポンサードリンク>