2017年7月14日その原因、Xにあり!

で放送予定の【この夏猛威振るう殺人ダニの脅威/名医が教える夏の健康法】でダニの放送をします。

 

ヒアリより怖い殺人ダニ、もし刺されたらどうなってしまう?

その虫とはツツガムシと言われ、中々診断が難しいのです。

今ヒアリがあちこちで見つかって日本人を恐怖にさせつつありますが、殺人ダニはヒアリよりも怖い理由とは?

どういう場所に多く潜んでいるのか、殺人ダニに刺されないための身を守る方法も知っておきたいですね。

ツツガムシ病とはどんなものなのでしょうか?

 

<スポンサードリンク>


 

殺人ダニとは?

 

家にいるダニとは違い、猛烈な毒を持つ殺人ダニと言われるツツガムシ。

いったいどんなダニなのか?

 

ツメダニ、コナダニ、チリダニなど一般的なダニと違う殺人ダニ。

人間に噛みつき血液を吸うマダニ、ツツガムシは人間の組織液を吸います。

ツツガムシも殺人虫としての脅威はかなりのものですが

マダニに噛まれた場合はその段階でSFTウィルスと言うものに感染してしまうことがあります。

 

そのウィルスこそが殺人ダニの元凶なんです。

そのウィルスに感染することによって、重症性血小板減少性症候群になってしまうことが有ります。

 

人間だけではなく、犬やネコたちも耳やお腹をダニに噛まれてます。

動画など見ると、動物たちを噛んだマダニを取るのに一苦労している場面も!

 

ダニに噛まれた時の症状

マダニに噛まれ感染してしまうと発熱、嘔吐、下痢、腹痛、筋肉痛など幾つかの初期症状が現れます。

風邪にかかったかな?

と思うような症状が現れます。

ツツガムシに噛まれた場合も、めまいや高熱震えなど。

 

ひどくなると意識障害が出てしまい、マダニに噛まれた場合などは神経麻痺を起こし死に至ることもあるとても怖いダニです。

 

感染するとそのうちの数%から3割程度の人間が亡くなってしまうこともあり、今までの調査でも外国や日本でもダニによって亡くなっている人が何人もいます。

 

殺人ダニはいつからどういうところに潜んでいる?

ツツガムシやマダニはいつ頃から発生するの?

気温が上昇する季節5月から8月にかけて非常に多くなる殺人ダニ。

暑くなる季節はダニが増えるといいますから、ダニも同じなんですね。

 

なるべくダニがいそうなところには行きたくないものですが、どんなところにツツガムシ潜んでいるかというと?

森、草むら、野山など。

犬の散歩で川の土手や草がしげった公園を散歩しますが、これはちょっと注意が必要なんじゃないかなと思います。

 

もしもそのような場所に行くときには、人間は長袖長ズボンのような肌が露出しない服装でツツガムシやマダニに刺される隙を与えないようにするのが良いですね。

とは言うものの、犬だって殺人ダニは噛みます。

 

マダニは犬も同じようにSFTウィルスに感染してしまうこともありますね。

その犬に人間が噛まれたら?

ゾンビのようにどんどん感染していくのか、怖いですが・・・。

 

ツツガムシに刺されないために身を守る方法とは

 

<スポンサードリンク>


 

とにかく草が生い茂っているような場所には行かないこと、防虫スプレーもマダニが嫌う匂いを発するのでやらないよりはマシです。

 

人間のどの部分を噛むかわからないので、もしも草があるような場所に行く場合は首にもタオルを巻いたり軍手をして足も素足でサンダルはやめておいたほうが良いですね。

 

どうしても山林など草むらへ行くときには防虫用の服一式に身を包み、いざ出陣するくらいの厳重な準備はあったほうが安心です。

殺人ダニから身を守る方法は厳重な注意をすることと、まずはダニがいるような場所に行かないことが先決ですね。

家に帰ったらすぐ体を洗い流すと、ツツガムシの場合は洗い流すことが出来るのだそうです。

 

殺人ダニに刺されたら

 

もしや殺人ダニに刺された?

と思ったら、そのまますぐに病院へ。

刺されたかもしれないと思ったら

絶対にダニを皮膚から取らないこと。

 

パニック状態になったり、なんかしらの症状が出て来たら救急車を呼ぶことです!

たかがダニではなく、殺人ダニだから。

 

マダニの場合病院に行っての治療は有効なワクチンはないものの、ステロイドで回復している事例もあります。

イエダニと違うマダニは哺乳類の匂いをひきつけ飛び乗り、吸血。

恐ろしいですよね。

 

殺人ダニはヒアリより怖い?

ヒアリもマダニもツツガムシも同じく殺人虫です。

たかがあんな小さな虫でも噛まれてウィルスに感染すると、人間の命を奪ってしまうこともあるほどの虫。

 

ヒアリは今日本の港だけではない場所でも見つかっています。

海外からの荷物の入ったコンテナにそのまま付着して日本に来てしまったんですが、

女王アリがいるということはもう既に何万匹ものヒアリが生まれている?

想像したくありませんね。

 

ただヒアリは今のところ、マダニよりも広い場所に沢山潜んでいるということではないので数的に多いマダニに噛まれる確率は高いということなのかもしれません。

どちらも同じ殺人虫。

 

ヒアリに関してはテレビやネットなどのニュースで最新のヒアリ情報を仕入れていたほうが良いです。

もちろん殺人ダニの最新ニュースも。

<スポンサードリンク>