夏にも風邪をひくことがありますね。

ひいてしまったら治すのに長くかかるのなら、なるべく風邪はひかないように対処していきたいものですよね。

 

夏の風邪でも、鼻水で終わるだけなら良いですが、高熱や頭痛、喉の痛みで苦しくなることもあります。

風邪のウィルスがお腹にきた場合、胃腸もやられます。

そんな夏風邪をひいてしまったらどんな対処をしたら良いでしょうか?

 

<スポンサードリンク>


 

夏風邪ウィルスとは?

 

通常風邪のウイルスは冬の乾燥しているときによく飛んでいるのですが、夏風邪ウイルスは高温で湿度が高い時に元気なのです。

高熱を伴う夏風邪には“ヘルパンギーナ”と“プール熱(咽頭結膜炎)”の2つが代表的です。

 

ヘルパンギーナ

喉に小さな水疱ができて40度近い熱が3日ほど続きます。

 

プール熱

喉の痛みや結膜炎の症状が出てこちらも高熱が出ますが約5日~7日続きます。

 

夏風邪は免疫力が弱い子供のみならず大人も飛沫感染や家庭内感染で移ってしまうので、感染しないように予防が大切です。

 

夏風邪のときの辛い高熱と頭痛、喉の痛みの対処法

 

ヘルパンギーナの種類

・エンテロウイルス

・コックサッキーウイルス

 

プール熱の種類

・アデノウイルス

などウイルスが原因です。

抗生物質が効かないため、睡眠をしっかりとって免疫力をつけることが大切です。

 

ウイルスは熱に弱いのでどうしても耐えられないというときのみ、解熱剤を使用するようにしましょう。

熱が上がっている時は発汗するのでこまめに拭いて体が冷えるのを防ぐことも大切です。

 

夏風邪の時の頭痛と喉の痛みについての対処法

まず頭痛については発熱のために血管の拡張と収縮が激しくなることが原因で起こります。

対処法としては頭部や首を冷やしましょう。

 

冷やしても痛みが残る場合は血管が収縮している状態なので、

先ほどとは逆に首や肩などを温めてあげましょう。

 

頭痛持ちの人、特に偏頭痛持ちの人は熱が出ると非常に辛いです。

血管が拡張したままじゃないの?

と思いますよね。

 

安静にしていて治る夏風邪なのか、それとも医師に診てもらったほうが良いのか難しい判断ですが、夏風邪でも重篤な部類になると大変です。

 

風邪は万病の元なので、水分補給は十分にして医師の判断を仰ぐほうが良いと感じたら病院に行きましょう。

自己判断で長引くよりも、病院へ行って安心したほうが楽になるかもしれないですね。

 

夏風邪でお風呂に入って良い場合といけない場合

 

<スポンサードリンク>


 

夏風邪をひいたら皆さんならお風呂に入りますか?

熱があるときは昔からお風呂は控えた方がいいと言われていますが、

そう言われていた時代はお風呂場から部屋に戻るときに距離があり、身体が冷えて悪化してしまうことが多かったためです。

 

現在はお風呂場が離れているお家はあまり見かけないので、お風呂に入っても体が冷え切ってしまい悪化するということが少ないと言われていますね。

 

更に清潔にすることで発汗作用が整いウイルスに対しての抵抗力も高まるので、お風呂に入ることをおススメします。

が下記に当てはまる人はお風呂を控えましょう。

 

・熱が38度以上と高熱の人。

・悪寒や全身の倦怠感がある人。

・嘔吐や吐き気のある人。

・ひどくお腹を壊している人。

・めまいや頭痛がひどい人。

自分の身体と相談してお風呂を風邪回復に役立てましょう。

 

夏風邪で胃腸にきた場合の潜伏期間や治し方

夏風邪がもし胃腸にきてしまったら下痢などの症状出ることがありますね。

夏風邪のウイルスが胃腸にまできてしまった場合の潜伏期間や治し方を見ていきましょう。

 

実は夏場にかかる胃腸風邪の原因はほとんどが食べ物からによるものなのです。

・暴飲暴食による急性胃腸炎

・細菌の含まれる食べ物を食べたことによる食中毒

が主にあげられます。

 

普段から胃腸を冷やす食生活を送っていると弱った胃腸に夏風邪のウイルスが入り込んでしまいます。

その代表的なウイルスがアデノウイルスとエンテロウイルスです。

 

いずれも38度以上の高熱が3日~5日続きます。

油っぽい物や刺激物の食べ過ぎも冷えと同じように、胃腸を弱らせてしまいます。

 

細菌性の胃腸風邪は食中毒です。

原因になる食べ物を摂って症状が出始めひどい場合には死亡者まで出すほど、深刻な状態にもなる事があります。

細菌性胃腸風邪は次の5つ

 

カンピロバクター:

症状:下痢、腹痛、おう吐、発熱、頭痛、倦怠感。

原因となる食べ物:生の鶏肉。

※半生の状態が非常に危険。

潜伏期間:1~7日。

 

サルモネラ菌:

症状:吐き気、けいれん、腹痛から嘔吐、下痢、発熱に変化する。

原因となる食べ物:鶏・豚・牛いずれも生肉。

食べ物以外では卵の殻にもついています。

※よく火を通さないと危険。

※触るだけでも感染する可能性があります。

潜伏期間:12~48時間。

 

黄色ブドウ球菌:

症状:吐き気と嘔吐、腹痛。

原因:人の手に付着するため料理全般。

※加熱しても消滅しません。

潜伏期間:1~3時間。

 

腸炎ビブリオ:

症状:激しい腹痛、下痢。熱は出ても37~38度くらい。

原因となる食べ物:生の魚介類。

※刺身や生焼けの状態が危険。

潜伏期間:8~24時間。

 

腸管出血性大腸菌(O-157等):

症状:激しい腹痛、下痢→便に血液が混じる。

原因となる食べ物や発見される場所:野菜・肉・果物。

井戸水・加工食品など、食べ物の多くに付着している。

※熱に弱いので十分に加熱することが大切。

潜伏期間:3~8日。

細菌によるものは非常に症状が重くなるのでしっかり手を洗って、

アルコール消毒をしてから食べ物を扱うようにし、しっかり食品に火を通すように注意しましょう。

 

まとめ

夏風邪は本当に怖いですね。

ちょっと体調がおかしいかも?っと、思ったらすぐ病院へ行くようにしましょう。

 

特に胃腸の風邪の場合は細菌が原因なので症状も大変重くなります。

手遅れになる前にしっかり対策をとって夏風邪をひかないように心掛けたいですね。

以上が夏風邪の対処法でした。

関連記事

夏インフルエンザ2017の症状は!子供と高齢者の予防と治し方は?

夏風邪2017の予防法と治し方!食べ物と飲み物は?

一日だけ熱が出る時ってあるの?気になる原因と病気とは?

<スポンサードリンク>