西城秀樹、脳梗塞の再発で認知症の確率は?

 

西城秀樹は二度の脳梗塞を患ったことは知られていますね。

一度目は軽い脳梗塞だったので、その後はかなり気を付けていたのに脳梗塞は再発してしまいました。

 

二度目の脳梗塞の時は一度目よりもかなり辛いものだったようです。

脳卒中の種類の一つが脳梗塞ですが、その後脳への血流が悪いと認知症になることもあります。

西城秀樹、脳梗塞の再発で認知症の確率や危険性は心配ないものなのでしょうか?

 

<スポンサードリンク>


 

西城秀樹はなぜ二度も脳梗塞を発症したのか?

 

西城秀樹は2003年6月=48歳の時に一度目の脳梗塞を発症。

韓国済州島のホテルでディナーショーを行っていた時に脳梗塞を発症しました。

 

鏡で見た時に、自分の顔が歪んで見えたそうです。

その時は既に麻痺があったのでしょうか?

 

脳梗塞の疑いがあると医師に言われたとおり、一度目の脳梗塞を発症してしまいました。

一度目の脳梗塞以来、かなり規則正しい生活をしていた西城秀樹。

 

タバコ4箱吸っていたので血流を悪くしてしまっていたのかもしれません。

脳梗塞は加齢も原因があります。

血管をつまらせるということを考えると、喫煙はかなり脳の血管には悪さをしていたと思います。

2011年12月=56歳

日常生活をかなり気を付けていたにもかかわらず二度目の脳梗塞を発症してしまいました。

 

 

いくら生活に気を付けていても、脳梗塞と言う病気は再発しやすいのです。

運悪く二度目の脳梗塞を患い、二度目は一度目よりもかなり良くない状態になりました。

 

後遺症としてでたのが、目は白内障、網膜症です。

こちらは手術をしたものの、舌の麻痺、言葉が出にくい、体の麻痺などが残ってしまいました。

 

リハビリを一生懸命1日二時間目標に頑張っているようです。

一度目の脳梗塞は一過性脳虚血発作でしたが、二度目は一度目よりもかなり重い脳梗塞の再発をしてしまったのです。

 

不摂生もせず食生活にも気を付けていたのに脳梗塞に二度もかかった西城秀樹です。

原因は脳梗塞は再発しやすい!と言うことがだったのです。

 

西城秀樹は脳梗塞の再発で認知症の確率や危険性は?

 

<スポンサードリンク>


 

認知症の症状が出てきて、検査をしたら脳梗塞が原因だったと後からわかることもあります。

逆を考えれば、脳梗塞から認知症になってしまう確率はあるということになります。

 

西城秀樹が認知症なんて絶対に結びつかないですよね。

2017年の今、西城秀樹は61歳。

 

この年令で若年性認知症になる人もいます。

まして脳梗塞を二回もやった場合は、リスクが高いのです。

 

多発性脳梗塞と言うもので、小さな脳梗塞が多発しているものがあります。

それが認知症につながると言うことなんです。

 

ある程度の年齢になれば誰だって多少の小さな脳梗塞はあると言われたことがあります。

私が頭痛があった時に脳のMRLを撮った時のことです。

「小さな脳梗塞あるね!でも◯◯歳過ぎればしょうがないんだよね。ある程度加齢で出てくるから」

と言われた記憶があります。

でも40歳前だったと思いますが・・・

 

西城秀樹は脳梗塞の再発からの後遺症で認知症になるかどうか?

ないとは言い切れないのかもしれませんが、少しずつリハビリをして以前の西城秀樹に戻って元気になって欲しいですね。

脳梗塞の再発は20人に一人あるといいます。

 

一度脳梗塞になったことのある人は十分に気を付けたいですね。

ストレスや寒暖の差、乱れた食生活、睡眠不足などが血流を悪くし、脳の血管を詰まらせる原因にもなります。

 

ある程度の年令になったら脳梗塞を患う危険性も高くなります。

飲酒、喫煙、運動不足、肉食、野菜不足・・・このあたりを見直すことで脳梗塞になるリスクを少しでも減らしたいですね。

西城秀樹、脳梗塞の再発で認知症の確率は?

ある程度の年齢の人はだれでもリスクは有るのかもしれませんね。

 

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です