夏バテと一緒にやってくる夏風邪。

 

夏風邪をひかないような食べ物や飲み物を摂取して暑い夏を乗り切りたいですね。

 

夏の風邪ではウィルス性のやっかいな風邪、ヘルパンギーナが流行することもあります。

 

暑さに負けないよういつも免疫を強くしておきたいですね。

 

2017年の夏風邪はどのような症状が出るのか、予防と治し方について考えていきますね。

 

<スポンサードリンク>


 

夏風邪2017の症状と原因

 

夏の風邪は毎年タイプが似てます。

 

高温で湿度が高いと、ウィルスが飛びやすいのです。

 

家族の誰かが風邪を引いていたら、移ってしまう可能性も高いですね。

 

風邪を引いている人と同じものを共有しないようにすることも、風邪をもらわないためのひとつです。

 

お腹に来たり、喉に来たりでけっこう夏の風邪は辛いですよね。

 

エアコンが原因の2017年の夏風邪

 

夏風邪のひきはじめは鼻水が出始め、高熱が出て更に吐き気や嘔吐などの苦しい症状があります。

 

エアコンで必要以上に冷やしてしまったり、夜寝るときなど長時間につけっぱなしにしていませんか?

 

夜は暑さで寝苦しくなってしまうかもしれませんが、エアコンの付けっぱなしはにするのならば是非タイマーで時間設定をしてくださいね。

 

エアコンを付けたまま寝るのならタイマーを必ず2時間くらいにして、温度は26度~28度くらいの設定にしましょう。

 

寝ているときに人の体温は低下します。

 

比較的高めの設定でも大丈夫なのです。

 

エアコンを強の付けっぱなしで体が冷え切ってしまいます。

 

エアコンは夏風邪の原因になってしまうので注意が必要です。

 

夏風邪の予防法と治し方

 

 

ひき始めるととてもつらい夏風邪はしっかり予防をしておくと、後で辛い思いにならなくて済みますね。

 

それでは夏風邪の予防法をみていきましょう。

 

夏風邪の簡単にできる予防法

 

まずは人混みから帰ってきたら、手洗いうがいが基本ですね。

 

電車の吊革は超危険です。

 

エアコンが原因の風邪が非常に多いので、外出の際には薄手のカーディガンなど羽織る物を持ち歩くようにしましょう。

 

夏風邪になる原因のひとつは室内外の気温差に体がついていけないこと。

 

男性は、羽織るものなどは持ち歩かないですよね。

 

どこか室内で過ごすと前もってわかっていたら、薄手の長袖を来て行くと良いですね。

 

最近はエアコンの温度設定も見直されてきてはいるものの、まだエアコンをガンガンに下げて付けている場所も多いですよね。

 

・汗をこまめに拭く用にしましょう。

 

外の気温が暑いと当然汗をかいてしまいます。

 

その汗をそのままにしてエアコンの効いた室内に入ることで、体が冷えすぎてしまう危険性があります。

 

・水分と塩分を摂取しましょう。

 

熱中症の対策にもなりますので体の中の水分が減らないように。

 

こまめな水分と塩分補給は大事ですね。

 

◆脱水症状かな?

と思ったらポカリスエット等を飲むことをオススメします。

 

予防をしてても夏風邪をひいてしまう場合もあります。

 

まず夏風邪かな?と思ったら早めに帰宅して、ちゃんと汗を流してから休むようにしましょう。

 

とにかく栄養と水分を摂って寝ることが大切です。

 

風邪をひいた時に早く治す方法!

 

◆たくさん寝ることが早く治す近道でした。

 

また、高熱が出ると体の節々が痛かったりしますので耐えられない痛みの時には病院へ。

 

風邪薬は風邪を治すものではなく風邪のウイルスや菌をやっつける体の働きを、抑制するものです。

 

むやみに風邪薬を使うことで夏風邪のあの辛い症状が長引いてしまう危険性があるのです。

 

風邪のひきはじめは葛根湯や栄養剤が良いとも聞きますが、

 

ひどくならないうちに病院に行くのが一番良いですね。

 

夏風邪をひいた時の食べ物や飲み物

 

<スポンサードリンク>


 

長引くと言われている夏風邪!

 

風邪にかかったら、一刻も早く治したいですね。

 

夏風邪におすすめな食べ物と飲み物は?

 

食欲も落ち食べられる物は限られてきますが、きちんと体力をつけて夏風邪を早く治すためにも

 

しっかり食べ物や飲み物を摂取するようにしましょう。

 

食欲があればまずまず安心ですね。

 

食欲が無い時に食べられるもの、それは?

 

まず風邪の定番ではありますがおススメなのはやはりおかゆです。

 

私は風邪をひいたらおかゆに生姜を入れて食べてます。

 

身体をポカポカにすることで免疫力をあげて治りを早くしています。

 

昔から言われている桃缶や卵酒も食欲がない時にも良いですね。

 

熱っぽくて食欲が無いけど、食べられる食事の中で水分も一緒に補給されます。

 

また、ビタミンCを積極的に摂るようにすると良いですよ。

 

冬はいちご、では夏は?

 

ビタミンCはレモンをイメージしますが、それ以上にキウイ・ホウレン草・ブロッコリーなどに含まれています。

 

食べ物を口にしたら嘔吐してしまうような場合には脱水症状に注意し、こまめな水弁補給を心掛けましょう。

 

脱水症状は楽観視出来ませんので、めまい、嘔吐がひどく痙攣しているようだったら救急車を呼ぶことも必要です。

 

たかが風邪?ではないんですよね。

 

風邪は万病の元ですので、脱水症状になり亡くなってしまう人もいます。

 

主にOS1やポカリスエットなどの汗に近い成分で、しっかりナトリウムが含まれている飲み物は助け舟になります。

 

まとめ

 

 

今回はこれから気を付けていきたい2017年の夏風邪についてまとめていきました。

 

しんどい夏風邪に掛かる前にしっかり予防して楽しい夏を過ごしていきたいですね。

 

ちゃんと予防しても夏風邪になってしまったらとにかく安静にして

 

早めに病院へ行って治すようにしましょう。

 

夏の風邪だけはなく、冬の風邪などはかかる人もいればかからない人もいます。

 

同じ家族でもインフルエンザにかかっているひともいれば、一緒に性活をしているのに全くうつらない人もいます。

 

それはその人のもつ免疫の強さなんですよね。

 

インフルエンザになった時こう思いました。

 

まさか移ると思わなかった!

 

こんなに辛いなら、ワクチン打っておけばよかった!と思ったり。

 

普段からもっと免疫を強くしていたらこんなに風邪ばかりひかないのではないかと常々おもってました。

 

 💡 マヌカハニー知ってますか?

 

マヌカハニーでもストロングはやはり違います。

 

腸の難病を抱えている友人にもすすめて飲み始めたところだということ。

 

この夏は本当に夏バテしなかったらマヌカハニーのおかげかなと話しています。

 

ホームページを見てみると、本物だということがわかります。
医師も驚く!! 天然活性物質MGOマヌカハニーは健康の源です。

マヌカハニーを1995年からお届けして、ほとんどの顧客様がリピーター

その秘密は量産品ではないことです。

みつばちを愛する養蜂40年以上の日本人プロがニュージーランドで製品化した

他にはない特殊はちみつ、必ずご満足いただけます。