歌舞伎俳優の中村獅童が定期的に受けている人間ドッグで初期肺腺がんであることがわかりました。

44歳で働き盛りでノリに乗っている中村獅童。

 

2015年5月に再婚をした幸せいっぱいの中村獅童でしたが、ここに来て病魔に侵されていることが発覚しました。

「歌舞伎界はどうしちゃった?病気になる人がここのところすごく増えている、呪いか何かあるのか?」

と言った噂まで出てきています。

 

それはまず置いておいたとして

初期の肺腺がんになった中村獅童の症状や、これからの治療法や完治するのかどうか

気になる内容に触れていこうと思います。

 

<スポンサードリンク>


中村獅童の肺腺がんは完治するの?

早期発見は中々難しいと言われている中、奇跡的と言われるくらいで肺腺がんは見つかったようですね。

今見つかったのが奇跡的と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉でした。

この文章から見ると、「悪いところを切れば治る」そのような状態だということがわかります。

 

早期だと、悪い病巣だけを摂れば転移再発の心配がないと言うガンは多いのです。

早期発見、早期治療は本当に大事です。

ともあれガンには違いないので中村獅童も必ず病に打ち勝つと言う姿勢が直筆コメントが感じ取られます。

 

肺腺がんの症状と特徴とは?

肺腺がんのはほとんど症状がないのは初期のころだけです。

 

中村獅童がなってしまった肺腺がんとは、肺がんの一種。

肺腺がんの早期では自覚症状があまりありませんが、症状としていくつかあります。

 

  • 咳がいつまでも続く
  • 食べ物が飲み込みづらい
  • だるい、疲れやすい
  • 血痰が出たり、咳をした時に胸が痛くなる
  • 食欲がない、痩せてきた
  • 息苦しさ

 

上にあげるようなことがあったり、なんか変だなと思ったら肺がんの初期だということもありえます。

検査は早めに。

肺腺がんの特徴をあげてみました。

  • 初期の段階では症状はほとんど感じない
  • 転移しやすい
  • 進行が早い
  • 女性ホルモンが関係することもある
  • 喫煙は関係ない
  • 肺がんの一種で60%が肺腺がん

 

肺腺がんの原因

今回の中村獅童の肺腺がんの原因は何だったのでしょうか?

肺腺がんになるいくつか原因があるようです。

 

<スポンサードリンク>


 

中村獅童がタバコを吸っていたかわからないのですが

実際にはタバコを吸っていないのに肺腺がんになっている人も非常に多いのです。

 

それよりも女性の方が肺腺がんになる率が高いというのは、女性ホルモンエストロゲンが要因していることが多いということ。

その他肺腺がんになる原因

大気汚染、アスベスト、慢性肺疾患、肺結核になると肺がんに罹患する場合も。

 

肺腺がんの治療法

 

おそらくかなり早期発見だった中村獅童なので、手術だけで完治が見込まれるのがなないかと思います。

だいたいは、手術、抗がん剤、放射線の三大治療。

 

人によっては手術で肺を少し切除すると、肺が小さくなった分息苦しさが出てくる場合もあります。

その場合は、在宅で酸素療法をしながら生活することも。

 

奇跡的に発見できた今回の中村獅童の肺腺がん。

手術ができるということは完治に向けての治療が可能ということですね。

 

自覚症状もなく人間ドッグも行っていない等早期発見が出来す、手術できないほどの肺腺がんになってしまった人もいます。

今回の早期発見は神発見ですね。

<スポンサードリンク>