犬が人の尿を嗅ぎ分け、ガンに罹患したかどうかがわかる!

山形県金山町では、女性の胃がん日本のトップと言うことからこの度ガン探知犬を導入したと言う。

これは早期発見につながることでもあり、良いことだらけ?

がん探知犬全国初導入 尿かぎ分け判定 (河北新報) – Yahoo!ニュース

<スポンサードリンク>


 

ガン探知犬でガンの早期発見

あらかじめガンの人の尿の匂いを犬にかがせ、人の尿でガンに羅患しているかどうか分かるように訓練させたといいます。

全国で初めて山形県でガン探知犬を導入した!と言うニュースが飛び込んできました。

いろいろ調べていくうちに、ガン探知犬を利用するのは簡単ではないことがわかりました。

  • ガンの早期発見出来る犬はなぜ少ないの?
  • なんでお金がそんなに高いの?

といろいろと考えてしまってますが。。。

このガン探知犬は日本に5匹しかいないので圧倒的に足りないですよね~!

ガン探知犬によりガンに羅患したとわかると、更に詳しく検査をするようです。

 

でも最初のうちは尿だけの判断でガンにかかっているかどうかは3ヶ月すればわかるとのこと。

長いと言えば長いですね!

ガン探知犬により、早期発見出来るというところが実に素晴らしいです。

症状が現れる前の発見ですから、命の恩人のようなもの。

命の恩犬?

 

血液検査をしてガンが分かる場合でも、痛い思いをしなきゃいけないことを考えたら楽です~。

 

なんといても早期のガンの発見が100%ですから、誰でもガン探知犬を利用することが出来るならありがたい制度です。

取りあえず、山形県金山町だけです。

 

山形県民はこの検査にかかる費用はゼロ。

町からの予算を充ててくれるといいます。

なんと普通は数万円かかるのに、個人的負担はゼロ!?

だったら受けておきたいですよね。

ガン探知犬を使って検査をしたい場合は?

 

山形県の場合は検査に使うお金1,100万円を町が負担しているので、個人的な検査にかかる費用はかからない・・・。

では山形以外に住んでいる人はどうやってガン探知犬に会えるのか知りたいところです。

 

ドッグラボという会社があって、そこからガン判定に使うキットが送られてきます。

その前に、ガンにかかったことのある人と、ない人の項目が別れています。

ガンにかかったことのない人は、そのまま検査キットが送られてくるのかもしれませんね。

 

ガンに今までかかったことのある人は、質問事項に何かしら回答し、検査キットがその後送られてくるようです。

ですので、どこに住んでいてもガン探知犬に直接会わなくてもキットを送れば良いのです。

でも、あちこちから尿が送られてきて犬も大変だなぁ~。

と思ったら、尿ではなく呼気で匂いを判別するのだそうですよ。

 

呼気袋に息をふりかけるのでしょうね。

鼻曲がらないか?

匂いを嗅ぎすぎて、わからなくなっちゃうということはないのか?

なんてくだらないことを考えてしまいましたよ。

口が臭いと言うことはガンと関係ある?

口が臭いとガンかも?

ガンの人は口からの息が何かしら特殊な臭いがすると聞いたことがあります。

ガン探知犬は呼気でガンかどうかを嗅ぎ分けると言うことですが、息の中の成分に特定する何かがありそうでうね。

ガン探知犬にかかる費用

<スポンサードリンク>


 

山形県は女性の胃がん患者が日本でトップということでこのままじゃいけない!

そう動き出した町なので、検査にかかる個人的負担はゼロ。

 

でもそれ以外の人たちは自費です。

ドッグラボでは5万円。

まだ新しい会社だそうで、キャンペーンということで38,000円で受けることが出来るのです。

どんなガンがわかるの?

様々なガンの匂いを嗅ぎ分けた先代の犬もいたようです。

呼気キットで送る検査方法では、体のどこかしらにガンがあるということはわかってもそれ以上のことはわからないそうです。

 

どこにガンがあるかということはわからないのですよね。

高度異形成やステージ0でもガンに罹患していることがわかるなら、早期発見早めの処置もできますものね。

 

セントシュガーガン探知犬育成センターという場所で訓練された犬の活躍が期待されます。

マリーンというガン探知犬が活躍をしていますが、このワンちゃんは生後すぐの時から他の犬よりも優れた嗅覚を持っています。

 

そんな特別のワンちゃんだけではなく、訓練すればガンを羅患していることがわかるような犬に成長するようですが・・・

難しそうですね。

なんてったって日本で5匹しかいないのですから。

ガン探知犬マリーンのクローン誕生

 

 

人間の尿や息ひとつでガンに羅患しているかどうかわかるって相当の訓練が必要ですよね。

キットが5万円というのもうなづけます。

 

おそらく、育成に相当なお金を費やしていると思いますので。

「ガンに共通するにおい」この臭いを嗅ぎ分けることが出来るそうです。

そのうちロボットか何かで検査が出来るようになったらもっと画期的になりそうです。

 

ラブラドールレトリバーのマリーンはガンを嗅ぎ分ける犬としてとても有名です。

日本にこんなワンちゃんが5匹と言うのはあまりにも少ないです。

訓練すればどんな犬でもガンを探知出来るとは限らないということなのかもしれません。

優秀なガン探知犬のマリーンの子孫を残したい!

ガン探知犬のマリーンは子宮を取っているので、子供を残すことができません。

マリーンの皮膚細胞から犬のクローンが誕生したと韓国からの報告がありました。

 

今はそのワンちゃんたちが訓練しているそうですが、その訓練にも1匹500万円かかるのだとか。

そこをクリアしたらもっと全国的にガン探知犬を利用できそうですよね。

 

<スポンサードリンク>