ひとり暮らしの場合は一ヶ月にいくらあったら暮らせるのか?

そんな話題がいつもありますが、2017年4月14日の「りゅうちぇる×チャンネル」ではりゅうちぇる自身が11万円あれば暮らせると話したそうな。

りゅうちぇる「1か月に11万円あれば幸せ」 意外な金銭感覚を語る | Abema TIMES

 4月14日に放送された『りゅうちぇる×ちゃんねる』(AbemaTV)で、MCを務めるりゅうちぇる(21)が自身の金銭感覚を明かした。

 

<スポンサードリンク>


ひとり暮らしはいくらで暮らせる?

 

りゅうちぇるが発言した11万円とは?

ひとり暮らしをするのに11万円あったら幸せだ、と意外な金銭感覚を話したりゅうちぇるですが。

 

実際いくらくらいあればお一人様は暮らせるのでしょうか?

それは家賃やローン次第ですね。

 

仮に家にかかる費用がなければりゅうちぇるの言う11万円あれば贅沢をしなければひとり暮らしはできそうです。

固定費としては光熱費、通信費。

少なく出来るのが、食費。

 

被服費、雑費、嗜好品は限りなくゼロに近い状態にする。

女性だったら、化粧品やシャンプー、美容院代等もお金がかかりますね。

 

節約しようと思えばモニターを利用したりすれば年間にほとんどかからない選択もできます。

りゅうちぇるは計算した結果11万円と言ったのか、適当な数字を言ったのかわかりませんがいい線いってると思います。

 

食費を2万円で抑えることが出来るか?

食費は節約ができます。

もちろん、栄養の点を考えておかなくっちゃいけませんが。

 

◯卵は時々安売りしている時には、100円前後の値段で売ってます。

一人10個食べるってすごいよね?

 

◆卵知識

賞味期限と書いてあるのは、生で卵を食べる場合のことだそうです。

 

もしも火を通せば、まだまだいけるらしい。

卵は完全栄養食ですね。

 

コレステロールが高い人以外は、一日に食べる卵は2個くらいまで。

100円の卵を1週間で食べきる!

 

◯もやしは使えますよ。

もやしは1個20円~40円です。

 

◆私のオススメ簡単もやしレシピ

  • もやしのかき揚げ
  • もやしのお好み焼き
  • もやしだけ焼きそば
  • もやしの味噌汁
  • もやしと卵の炒め物
  • ごま油と塩でもやしのナムル
  • もやしの肉巻き

通信費や娯楽費、雑費節約できるの?

<スポンサードリンク>


 

通信費の節約

通信費はスマホでライン、ラインからの無料通話で安く済みますよね。

娯楽費はかけかた次第。

 

お金のかからない趣味は?

 

趣味でもお金のかかる趣味と、かからない趣味がありますね。

ウォーキングはタダ。

 

ベランダ菜園は苗や種を買ってやり方を書いてある本などを眺めながら、自家製ハーブや野菜でお料理!

なんて良いですよね。

 

雑費の節約

 

雑費ってどこからどこまでが雑費なんだかよくわからないですよね。

トイレットペーパーが無くなった、食器フライパンの買い替え等など・・・

 

雑費でかかるものは、とにかく安いものを購入。

ですが・・・

フライパンは最近長持ちするマーブルコートのものや、ストーブのお鍋等はかえって堅実かもしれません。

 

しょっちゅう買うよりも意外と長持ちする分、安いこともありますよね。

 

保険関係

 

保険関係は県民共済や国民共済など、数千円で家計に負担がないもので十分と言っている人もかなりいますね。

ほかにもしも保険に入るのなら、月払いよりも年払いのほうがお得ですね。

 

11万円で暮らせるのかのまとめ

 

 

家族が多くなるとバラエティに富んだ食事を食べることも多くなりそうですが、一人なら栄養のバランスが良いのであれば

先程のもやしと卵で頑張って節約出来そうです。

 

お肉はバラ肉が安いですし、焼いても煮てもお鍋にも応用が効くのでおすすめです。

人参も安い時に買って置くと、便利に使えますね。

 

バラエティに飛んだ節約料理ができる野菜としては人参がオススメです。

りゅうちぇるは11万円で生活できると言ってましたが、家賃がなければ貯金だって出来ますね。

 

実際にりゅうちぇるはお洒落代だけでも11万円じゃ足りなそうですが。

<スポンサードリンク>