熱中症は家の中でも起こる!脱水症状の危険とは?

 

熱中症は炎天下の日中だけの症状だと思う人がほとんどですよね。

実は熱中症は家の中の昼間でも夜でも、気を付けていないと熱中症になることがあるのです。

夏場の熱中用対策にも体力を奪われないために対策や予防が大切です。

 

まず危険なのが、脱水症状です。

体の中の水分が少ないな、疲れてるな、体温調節が出来てないなと思ったら?

 

疲労回復と塩分補給として、スポーツドリンクと梅干しが救世主になるかもしれません。

 

<スポンサードリンク>


 

 

家の中で熱中症?

 

「あれ?!これも熱中症の症状?」

私が熱中症になったのは、一昨年の夏でした。

 

私はその時、自宅の陽当たりの良い部屋の中にいました。

真夏の暑い時期ではなかったので、その時はエアコンも使っていませんでした。

 

「暑い」と思っているのに、汗が出なかったのです。

でも家の中にいるし、朝ごはんもちゃんと食べたし、食後のお茶も飲んだし・・・。

 

天気予報の情報の中で「今日は熱中症に注意が必要です」と言っていたその日のことです。

「家の中だし、水分もきちんと飲んでいるし、私は大丈夫」

というような油断があったのだと思います。

 

汗が出なくなったと感じてから少し時間が過ぎて、今度は軽い吐き気を感じるようになりました。

実際に吐くことはないのです

 

が、気持ちが悪くなってきてしまったのです。

次に、身体のだるさと頭痛を感じました。

 

 

そして、動けなくなってしまったのです。

意識はしっかりとしているのですが、身体がだるくて動けないのです。

 

さすがに「これは変だ。もしかして熱中症?」と思いました。

その時、私は家の中でひとり。

もしこれ以上何か体に異変を感じたらどうしようと、とても心細くなってしまいました。

 

スポーツドリンクと梅干しで脱水症状改善?!

<スポンサードリンク>



私は台所にスポーツドリンクが置いてあることを思い出し、スポーツドリンクを飲みました。

最初はスポーツドリンクを飲むこと自体が苦痛に感じましたが、少しずつ飲める量が増えていきました。

 

そして冷蔵庫から出した梅干しを食べて、しばらく横になっていました。

その後「スポーツドリンクをもっと飲みたい!」と思えるようになって2リットルのスポーツドリンクを全部飲んでしまいました。

 

その後は身体のだるさや頭痛もなくなり、元気が戻って来たのです。

その日は当然無理をしないように過ごしました。

熱中症だと思った時のとっさの判断で梅干しや電解質の飲み物を飲んだのは正解でした。

 

家の中での熱中症のまとめ

 

 

「家の中にいても、熱中症になる」、「真夏でなくても、熱中症になる」ことがあるのだと痛感しました。

その時の体調や、疲労の積み重ねによっては「熱中症の発症」に関係があるのかも知れません。

 

初夏から残暑の期間には熱中症対策として、スポーツドリンクや塩分補給の梅干しや飴などを常備しておくことが大切。

 

しっかりと食事や水分を摂取できていたとしても?

熱中症になってしまう危険性があることは注意しなくてはならない点だと思います。

 

熱中症になってしまった場合には「水分だけではなく、塩分や糖分も同時に摂取できないとダメだ」ということを痛感しました。

 

熱中症は重症になってしまうと命の危険も伴ってしまうので油断しないことが大切ですね。

 

室内の温度管理や帽子・日傘などの対策も必要だと思いました。

<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です