宝塚に入りたい!

宝塚に憧れている少女たちは自分もいつか宝塚の舞台に立ちたい!

 

そう思ってるものの、いざ宝塚に入るとしたらレッスン代と寄付金はいくら位かかるかがとても気になるところですよね。

 

宝塚音楽学校は創立100年を超える名門校です。

同校は宝塚歌劇団の養成校であり、卒業後はスターとして活躍している方も多数いますね。

 

宝塚音楽学校は宝塚歌劇団に入る唯一の道です。

100年を超えて数々のスターを輩出するこの学校以外に類がないでしょう。

 

そんな宝塚歌劇団に入るには簡単ではなさそうです。

 

<スポンサードリンク>


 

一般家庭でも宝塚に入れる?

 

宝塚は長年に渡り伝統を守ってきた学校であり、入学も卒業も狭き門です。

 

全国から受験者は訪れ、競争率は毎年20倍以上と言われています。

 

入学から卒業に至るまでの全ての費用を考えると、いわゆるお嬢様と呼ばれる資産家などの家庭出身の生徒たちは少なくありません。

 

しかし一般家庭でも宝塚受験を受けることは可能です。

 

金銭だけではなく、容姿端麗であったりスター性や実力が求められます。

しかし金銭だけではないと言っても宝塚音楽学校、宝塚歌劇団に入団後も日々莫大なお金がかかっていきます。

 

そのため金銭的に苦しくなると中退・脱退をしなければならない場合もあるようです。

 

宝塚に入る前にかかるレッスンの種類やかかる費用は?

 

宝塚音楽学校にかかる費用

入学金20万円

教育施設費25万円

雑費3万円、

教材購入費5万円

など合計80万円を入学時に支払います。

 

その他の費用は

授業料は月額5万円

修学旅行積立金は月額2万円、

入寮費は月額1.5万円となっています。

 

宝塚には宝塚歌劇団出身者による個別レッスンなども様々あります。

月1~4回のレッスンで月額6000円~2万円程度が多いようです。

 

受験生向け個別レッスンの他、将来、宝塚音楽学校に入りたいという子供に向けたレッスンもあります。

また、宝塚歌劇団出身者による予備校もあります。

 

予備校の場合は1回1000円程度でリーズナブルです。

 

これらは宝塚音楽学校によるレッスンではありませんが、同校に入学するためにはこのような事前準備は必要不可欠とも言われています。

 

宝塚入団してからの費用や寄付金は?

 

<スポンサードリンク>


 

宝塚歌劇団に入団すると最初の7年は月給制で、一般的なOLと同じくらいの月収だそうです。

 

7年目になるとタレント契約を行い、それぞれお給料が変わっていきます。

 

宝塚歌劇団に入団すると、アクセサリーやかつら、私服、化粧品は自分で購入するシステムになってます。

 

衣装は宝塚歌劇団にあるものを使用する場合と、自分で好きなものを購入する場合があるようです。

 

自分で購入する衣装だけで数百マン、数千万円する場合もあるとの噂もあります。

 

入団してからのかかる費用は、こういった身の回りのものの購入費の他に、レッスン代なども必要なため少なくないお金が常にかかっていきます。

 

それらにかかる費用は月に100万円以上とも言われています。

 

そして、宝塚歌劇団における寄付金については明言されておらず、不明瞭な情報しかありません。

 

しかし、校則も厳しく、古き良き伝統を守り続けている劇団ですので、寄付金だけでスターになれるかと言ったら難しいのではないでしょうか。

 

またインターネット上の一部では「宝塚歌劇団に入団後、宝塚歌劇団出身者に寄付金はしないでと言われた」

などという話も見かけるため、スター性や実力が最大の武器なのではないかと考えられます。

 

宝塚に入ってバイトをしてみたり自活は出来るもの?

 

 

宝塚音楽学校の校則や生活は厳しいかとでも有名ですね。

 

昼間はバレエ、声楽、日舞、三味線などの舞台に必要な実技を習い、夜は個別レッスンなどが必要になってくるそうです。

 

校則において「バイト禁止」と明言されていません。

「SNSの禁止」や「買い物は本科生の許可制」、「登下校時の寄り道は禁止」、「携帯電話の使用は特定の時間や場所で行う」などの校則があるので、実質バイトは禁止されているのではないでしょうか。

 

というよりもバイトする時間はないと言ったほうが正しいかもしれないですね。

レッスンにかなり時間が取られますから。

 

宝塚歌劇団に入団後数年間は自分のお給料だけでは全てを賄うのは難しい・・・と。

親の財力に頼らざるを得ないという場合も!

 

また、休日においても「目立たない色の服を着用」、「行ってはいけない道や場所がある」などの校則もあるようです。

 

そういったことから宝塚入団後は自活は難しいと言えるのではないでしょうか。

<スポンサードリンク>