はちみつを1歳未満の赤ちゃんが食べたら危険です。

命にかかわるということをまだママたちは知らない人がいるのです。

 

はちみつの容器の裏には「1歳未満の赤ちゃんには与えないでください」と書いてあります。

わざわざ読む人ってあまりいないですよね。

 

ましてはちみつを食べると健康に良いと言う思いがあるので、赤ちゃんが食べちゃいけないなんてわからなかったと言う場合が多いのかもしれません。

<スポンサードリンク>


 

1歳未満の赤ちゃんがはちみつを食べたら

 

「1歳未満の赤ちゃんだけど、うちの子ははちみつ舐めさせたけど全然平気だったわ」

そう言う赤ちゃんもいたと思います。

 

たまたま大丈夫だったのかもしれません。

1歳未満の赤ちゃんがはちみつを食べて稀に死亡する場合があるとのこと。

 

もしかしたら大丈夫な方が多いのかもしれませんが、はちみつが赤ちゃんに危険とわかった以上は与えないようにしないとですね。

 

だいたい1歳過ぎればはちみつを与えても良いと言われています。

1歳未満の赤ちゃんがはちみつを食べて危険だと言われるのは、「腸内細菌叢」と言うものが体内で整っていないため。

 

腸内がまだ未熟であるということ、「腸管」が未発達なことなどがあげられます。

ボツリヌス菌を吸収して「乳児ボツリヌス症」になってしまうことがあるのです。

 

乳児ボツリヌス症にかかると便秘が続き体の筋肉が弛緩したり、顔が無表情になったりします。

少しだけだからとはちみつを舐めさせるのも危険ですね。

 

はちみつの副作用は?

 

1歳未満の乳児にははちみつを与えてはいけないということが分かりました。

では、それ以外にはちみつの副作用はあるのでしょうか?

 

はちみつアレルギー

 

はちみつが体に合わないはちみつアレルギーを起こす人もいます。

少し食べただけでも呼吸困難になってしまうとはちみつが原因のアレルギーかもしれません。

 

糖質に気を付ける

 

また糖質はけっこうあるので、たくさん食べてしまったら太るもとになります。

ダイエット中は要注意ですね。

 

食べ過ぎると下痢になる

 

はちみつを瓶1本食べてしまう等すると、糖質の過剰摂取が心配です。

それに加え、お腹もゆるくなります。

 

下痢症状が続くと言う副作用も出てくるので、はちみつは適度に摂取することが良いですね。

 

授乳中にはちみつを赤ちゃんに与えても大丈夫?

 

<スポンサードリンク>



1歳未満の赤ちゃんに母乳を飲ませている母親はちみつをも舐めてよいかどうか気になりますよね?

ボツリヌス菌は一度母親の腸内にはいると、そこで停まります。

 

授乳中に母親がはちみつを舐めることは心配はなさそうです。

自分の健康を考え、母親ははちみつを普通に摂取したほうが良さそうですね。

 

もちろん妊娠中もはちみつを舐めてもOKです。

 

はちみつの効果効能

はちみつは天然のものですし、健康のために食べる習慣があるのは良いことだとされています。

例えばはちみつにはどんな効果効能があるのでしょうか?

 

リラックス効果があるのですよ。

私は少し気分を落ち着けたいと思ったら、ホットミルクにはちみつを入れて飲みます。

 

ホットミルクでリラックス、さらにはちみつでリラックス効果は倍増ですね。

動脈硬化の予防や、神経衰弱の予防にも期待大のはちみつは舐めていたいですね。

<スポンサードリンク>