はじめての低温やけど。

こんなにもはっきりとした網の目模様が出来るなんて!

 

左のももと左のふくらはぎがひどいことになってしまいました。

皮膚科に行ったけど・・・つれないお返事。

あ、火だこね!

治んないよ!

 

皆んな火だこに驚いて皮膚科に来るんだよね!

低温やけどで網の目模様になった火だこは消えるのでしょうか?

 

<スポンサードリンク>


 

火だこに気がついた時

 

火だこに気がついたのは、トイレに行ったときです。

ももが!

なんじゃコレでした。

 

びっくりして一瞬何かの皮膚病にかかったのかと思いました。

取りあえず落ち着いて、皮膚科に行かねば!

 

皮膚科に行った所で網の目の模様は消えるのだろうか?

原因は何かな?

 

色々と考えた結果、ストーブが原因だと自分なりに分析をしました。

左に電気ストーブを置き温かくしながらパソコン作業をずっと何時間もやっていました。

 

きっとストーブを使った頃から網の目模様は出来ていたのだと思います。

気が付かなかっただけ。

 

時々、アッチチッチとしながらも気にしてませんでした。

痛くも痒くもなかったし。

 

ただ今でもぽつんと3箇所くらい赤くなっていて押すと痛みも少しあります。

全体的に炎症一歩手前、

かなりひどい低温やけどの部類に入りそうです。

 

火だこになる原因

 

火だこになるのは、ストーブなら何でもというわけではなく皮膚科の先生曰く

熱線を使っているものなら何でも低温やけどをして火だこになると言ってました。

 

電気ストーブはもちろん、こたつ、ホットカーペット等など。

ぬるくしてても低温やけどに?

 

41°~44°を3時間ずっと体に当たっていると低温やけどになる恐れもあるそうです。

低温やけどになってしまうと、気が付かない場合は私のように網の目模様が浮かんできてしまいます。

 

大理石様皮班とも言うそうです。

私もそうでしたが、低温やけどは気がつかない人が多いんです。

 

網の目模様を見てはじめてびっくり気がついたくらいですから。

ひどい場合は、壊死そして皮膚がんへ・・・

 

来年度は気を付けよう!

熱いっと思ったらすぐにストーブなどの熱線から離れることですね。

使わないのが一番かな?

 

網の目模様は消えるの?

<スポンサードリンク>


 

皮膚科の先生からは、「あ、これね消えないよ!」と一言。

え~?

 

もし自分が嫁入り前の若き乙女だったら非常に嘆き悲しんでいたと思います。

とてもじゃないけど、水着は着れません。

 

本当にこの低温やけどでの火だこの網の目模様は消えないのか?

ネットで情報収集してみたら、けっこう薄くなったり消えたという意見が多かったので安心しました。

 

ビタミンcをたくさん飲むと火だこの模様は消えやすいなんて言うのもありましたね。

私がかかった皮膚科の先生は「治しようがないよ!ずっとこのままだろうね」

 

薬なんかもらってません。

取りあえず、痛くも痒くもないのでまぁいっか!です。

 

火だこが消えた?

 

いるじゃん、いるじゃん。

私の他にも同じ経験をしている人が二人ほどいました。

 

火だこの形跡は皆さん消えたということ。

でも、子供の時や若かった時のことだから、治りも早かったのかもしれません。

 

私はと言うと、電気ストーブ電の低温やけどで火だこになってから約二ヶ月。

少しずつ網の目模様は薄くなってきました。

 

たぶん、年単位で火だこが薄くなるかどうか見ていく感じですね。

1年経ってようやく火だこは消える?!

私の場合は1年では難しいんじゃないかなと行ったところです。

 

熱線でやられてしまう火だこは知らない人が多い

 

熱線で低温やけどになり皮膚科の門を叩く人は絶えないそうです。

今回は初めて火だこになってしまいましたが、私同様低温やけどのことをあまりよく知らない人が多いらしいのです。

 

経験して知っておいて良かった?

ということはありませんが、これからは熱線での暖房には気を付けなくてはと思いました。

 

電気ストーブ以外にも長い間の使用は熱線で低温やけどになります。

その他下記のものも長い時間使用すると火だこになったとの報告。

 

  • 湯たんぽ
  • 貼るカイロ
  • 岩盤浴
  • 電気アンカ
  • 電気毛布

 

低温やけどをした箇所はどこ?

 

 

私はももとふくらはぎでしたが、その他おしり、腕、背中、尾てい骨あたり。

 

どんな状態、どんな処置?

 

  • 皮膚科に行っても薬をもらえない。
  • 網の目模様の色素沈着を薄くするためにビタミン剤をもらっただけ。
  • ひどい場合は手術です。
  • 別の自分の皮膚を低温やけどした箇所に移植。
  • 水ぶくれして、皮膚科に半年間通院。
  • 低温やけどがひどく、最初は車椅子生活になった。
  • 色素沈着は数年たっても残っているけど、今さら皮膚科には行かない。

 

低温やけどは重症になると、移植が必要になったり大変な手術になります。

もう二度と低温やけどにならないよう、来年度以降は気を付けたいと思います。

 

<スポンサードリンク>