生活をしているなかで毎日欠かせないものはたくさんあります。

そのなかでも電気代、水道代、食費など、普段使うものはなにかとお金がかかってくるものです。

そこで普段使うものから少しずつ節約出来ると良いですよね。

その中でもお水をたくさん使っているトイレの節約についてお話しをさせていただきます。

 

<スポンサードリンク>

トイレで使う水の量は?

 

家の中で1番水を使うところはお風呂です。

 

あれだけの量の水が必要なのですから当たり前ですよね。

 

水回りのだいたい40%がお風呂のお水では必要です。

 

二番目にお水がかかるのはトイレです。

 

トイレは節約しがいがありますよ。

 

トイレ1回で大だと8リットル流れてしまうんです。

 

小にして流せばだいぶ違います。

 

大は1日1回くらいにして、大は気になったときだけ使うだけでも1日数十リットルは違います。

 

大と小の区別ができるトイレならそういった節約は出来ますね。

 

昔のトイレや高機能トイレではない場合は水の流れる量は大も小もないですね。

 

そうなると、他の節約方法を考えなくてはならないです。

 

節水トイレの機能があれば悩むことはありませんが。

 

普通のトイレでこんなに水が必要なら何か対策を打たねば!

 

トイレの節約でペットボトルを使うのはダメ!

 

 

一時流行ったトイレのタンクに入れるペットボトルを使った節約方法。

 

私もペットボトル入れてました。

 

たぶん数年前、トイレのお水の節約方法でテレビや雑誌などでペットボトルが取り上げられたのでしょうね。

 

しかし、ペットボトルをタンクに入れた水の節約方法は故障の原因になるということがわかったのです。

 

私もそうでした。

 

なんだか調子悪い!

 

水がタンクからあふれてきた!

 

タンクの中のチェーンが切れて、水が流れっぱなしになりました。

 

ペットボトルを使ったそんな水の節約方法はあっという間に「駄目だこりゃ!」

 

と、大勢の耳に入りました。

 

ペットボトルを入れたためにトイレ修理で逆に大損!

 

トイレの水を流さない節約も故障になる

 

<スポンサードリンク>
 

ひとり暮らしだから・・・

 

どうせ日中は一人だから・・・

 

節水を試みて、自分が用を足しても2~3回で1回しか水を流さないと言う人もいます。

 

これまた故障の原因になるそうですよ。

 

それはなぜか?

 

尿は石灰化しますから。

 

石となった尿はタンクにこびりつきます。

 

まるで歯石のように?

 

そうなれば故障もし易いですよね。

 

故障したら節約どころかかえってお金もかかります。

 

トイレの水を1回ごとに流さない節約は故障原因になるからコレもNG

 

 

普通のトイレの節約方法は何が一番良いの?

 

 

トイレで流れる水を節約するなら節水型のトイレに買い替えしよう!

 

古いトイレで大を使えば1回で流れるお水は8~10リットル。

 

だったらば節水型のトイレに切り替えたほうがお得だそうですね。

 

半分の量で済みます。

 

 お風呂のお水をトイレに流す節水方法。

 

面倒くさいですが、これは究極の節水法です。

 

節約を考えるのならお風呂の残り湯を使うのは一番ですね。

 

どうせ捨てるお風呂の水。

 

それをトイレで使うのですから、得したなと言う気分になります。

 

けっこう運動になりますし。

 

腹筋も付きますから、筋肉がついて体脂肪が減るのではないでしょうか?

 

4人家族だったら一ヶ月トイレの水道代は7,000円前後。

 

これが一切かからないなんて!

 

毎月7,000円貯金できて自力でダイエット出来る!

 

そんな面倒くさいことはイヤじゃという人は、トイレの節水グッズがホームセンター等でも売っています。

 

さて、一日中家にいる場合はトイレに行く回数も多くなりますよね。

 

公園は汚いから、スーパーなどに買い物に行った時に必ずトイレに行くと言うのもなんとなく得した気持ちになります。

 

トイレの節約にペットボトルはNGだということを知らない人もいます。

 

今のうちにペットボトルでのトイレの節約はやめておいたほうが良いですね。

 

いつかは故障して、修理代が高く付くかもしれないと思ったら別の節約方法にしたほうが良いです。

 

因みに私のトイレ節約は?

 

外出した時は外で!

 

うちのトイレは古いので、大小の切り替えもありません。

 

たぶん、ここ1年の内に節水型トイレにする予定です。

 

洗浄も楽なんですって!

 

最新式のトイレは節水だけではなく、あまり汚れが付きにくいそうです。

 

早く節水型の綺麗なトイレを買ってみたいと思う今日このごろの私です。

 

<スポンサードリンク>