きゅうりって食卓にのぼることも多いですよね。

外食のサラダに中にもほぼきゅうりは入ってます。

 

◯きゅうりって、彩りのために料理に使われているのかしら?

◯栄養補給のために使われているのかしら?

 

きゅうりってダイエット効果もあるそうですよ。

 

きゅうりダイエットをして成功した山田花子さんの検証結果は?

きゅうりは栄養素を壊すとも言われてますが、その真相は?

 

<スポンサードリンク>
 

きゅうりは栄養素を壊すって本当?

 

きゅうりは90%が水分でできているのはご存知の方も多いかと思います。

 

ほぼ水?

 

そのため世界一カロリーの低い果物としてギネスブックに認定されています。

 

きゅうりには「アスコルビン酸酸化酵素」と呼ばれる物質が含まれているそうです。

 

難しい名前はさておき 🙄

 

きゅうりの成分である酵素は、ビタミンCと一緒に摂取することでビタミンCを壊してしまうとか!

 

アスコルビン酸酸化酵素は空気に触れたり、繊維が傷付けられたりすると増加する性質があります。

 

きゅうりを切ったり叩いたり、ミキサーにかけることでアスコルビン酸酸化酵素が増えます。

 

きゅうりを加えた野菜ジュースなどはビタミンCを破壊してしまう恐れがあるとのこと!

 

きゅうりジュースってジューススタンドにはあったかどうか!?

 

きゅうりダイエットで痩せた?

 

 

きゅうりにはホスホリパーゼと呼ばれる脂肪を分解してくれる酵素が含まれています。

 

脂肪を分解してくれるって、お腹ブヨブヨの人にとっては朗報ですよね!

 

それって私ですが。

 

ホスホリパーゼはすりおろすことで酵素成分が増幅するため、そのまま食べるよりも効果が期待できます。

 

きゅうりは食物繊維も豊富でけっこう噛みごたえもありますよね。

 

お腹に溜まりやすいのに加え便秘解消にもいいのでダイエット向きですね。

 

テレビの企画で山田花子さん夫婦がすりおろしきゅうりダイエットを行いました。

 

食事にすりおろしきゅうりを加え、野菜を多く摂るというダイエットでした。

 

結果、半年で山田花子さんは体重がマイナス9kg、夫はマイナス22kgという驚異の成果を見せました。

 

◆きゅうりを加熱することでホスホリパーゼの活性は失われてしまいます。

 

出来上がった料理やサラダにドレッシング代わりに調味料を足したすりおろしたきゅうりを使うことをおすすめします。

 

またすりおろさないきゅうりダイエットもあります。

 

よく噛むことですりおろしと同じ効果が期待できるそうです。

 

すりおろさないと言えば、ぬか漬けにしたきゅうりは他の酵素も豊富になるのでおすすめです。

 

きゅうりを食べる効果効能は何があるの?

 

<スポンサードリンク>
 

きゅうりの代表的な効能であるカリウムは利尿作用が高く、むくみの解消によく効きます。

 

◆顔がむくんで顔でかい!

 

◆足がむくんで太くなった!

 

そんな方にはきゅうりはどんどん食べて欲しい 💡

 

またカリウムには体内の余分な塩分や老廃物の排出、血圧を正常に保つ作用もありますよね。

 

高血圧及び腎臓病の方は常食することで効果が期待できるとされています。

 

◆きゅうりの皮に含まれるピラジンという成分は、血液をサラサラにして固まるのを防ぐ効果があるため、脳梗塞や心筋梗塞予防としても期待できます。

 

きゅうり1本で14キロカロリー程度ですが、以上のような効果効能を期待できるため積極に食べることをおすすめします。

 

きゅうりと食べ合わせが悪いもの

 

 

きゅうりと言えば夏野菜として有名ですが、近年では一年中食べられる定番な野菜ですね。

 

きゅうりの独特な歯ごたえはいろいろな料理に合いますし、漬物としても定番です。

 

しかしきゅうりに含まれるアスコルビン酸酸化酵素はビタミンCを破壊してしまう性質があります。

 

その面から見てきゅうりと食べ合わせの悪い食材が多々あります。

 

ビタミンCが特に摂取しやすいと言われる赤ピーマンや黄ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、ケールなどは食べ合わせのです。

 

どれもサラダに入れる定番な野菜ですね。

 

色が鮮やかな緑黄色野菜にはビタミンCが多く含まれている場合が多いので注意が必要です。

 

きゅうりとケールは野菜ジュースとして使う方は少なくないと思いますが、アスコルビン酸酸化酵素はミキサーにかけることで増えてしまうので避けた方がいい組み合わせと言えますね。

 

きゅうりと食べ合わせが悪いのはトマト

 

トマトときゅうりはサラダやサンドイッチには欠かせない野菜ですね。

 

しかしこの2つもアスコルビン酸酸化酵素の関係により食べ合わせの悪いことで有名です。

 

◆アスコルビン酸酸化酵素は酢や酸、発酵食材によりビタミンCの破壊を抑えられるので、酢の入ったドレッシングやマヨネーズ、レモン汁、チーズ、ヨーグルトなどを加えることをおすすめします。

 

またアスコルビン酸酸化酵素は加熱しても効力が抑えられるので、きゅうりやトマトなどで温サラダにしてもいいかもしれませんね。

 

きゅうりは栄養素を壊す?

 

食べ合わせの悪いトマトのビタミンcを破壊するということが分かりました!

 

でも、酢を使うと大丈夫ということで安心ですね。

 

ダイエット効果を検証した結果、きゅうりダイエットに山田花子さんは大成功!

 

<スポンサードリンク>