最高の一日を毎日過ごしたいですよね。

でも中々うまいようには行きません。

 

ハッピーな一日を過ごすには睡眠が一番大事。

せっかくの楽しい日でも良い睡眠が取れていないと、日中に眠気が襲ってきます。

 

なるべく毎日規則正しく睡眠を取るということが、最高の一日がおくれるということですね。

そこで、最高の一日を過ごすための、前日の良質の睡眠について触れていきます。

 

良質な睡眠の秘訣とは

<スポンサードリンク>
 

ちゃんと寝たのに眠気が取れないことや

何時間も寝ているはずなのに、寝不足のよう

夜中に目が覚める

次の日の体がだるいなどと思ったことはありませんか?

 

それは、良質な睡眠が取れてないからなのです。

しかし、良質な睡眠といってもなんだそれって思いますよね。

 

では、良質な睡眠の秘訣と聞かれてその答えはなんだと思いますか。

今回はそれについて述べようと思います。

 

まず最初に一番大事なことを伝えます。

良質な睡眠の秘訣は?

みなさんは寝る前に何をしていますか。

 

ギリギリまでテレビやスマホの画面を見ていませんか。

カフェインの入った飲み物を飲んでいませんか。

 

飲酒、喫煙、その他にも激しい運動などしていませんか。

これらは全て良い睡眠を阻害してしまいます。

 

運動やテレビ、スマホは脳を刺激させてしまい、良い眠りにつながりません。

寝る1、2時間前にはやめておくのがベストです。

また、カフェインの入った飲み物を飲むと目が覚めることは有名ですよね。

 

  • 夜に一杯飲みたくても、カフェインの入った飲み物は我慢して、朝起きたときの目覚めの一杯として活用しましょう。
  • ベストな寝る前の準備としては、寝る前の2時間前には食事を済ませる。
  • 寝る1時間前に体を温めておく。
  • 部屋の電気を暗くしておく、スマホ・テレビの画面は見ない、などが挙げられます。

 

少しでもいい睡眠をするには寝る前から始まっています。

つまり、最高の一日を過ごしていくためには前日から既にその準備は始まっているのです。

 

 最高の一日を迎えるための睡眠法

<スポンサードリンク>
 

ここでは、最高の一日を迎えるための睡眠法をお伝えできればと思います。

まずみなさんは、レム睡眠とノンレム睡眠をご存知ですか?

 

睡眠には大きく分けて2つあり、浅い眠りがレム睡眠で、深い眠りがノンレム睡眠です。

これらが睡眠中に繰り返され、その周期は約90分と言われています。

 

この周期が就寝中に4、5回繰り返されます。一般的に良い睡眠にするにはこの90分を一つのセットとして行うのがベストです。

しかしながら、この90分にも個人差が有り、人によってはその周期が80分だったり100分かもしれません。

 

ですから、いろんな睡眠時間を自分で試してみて。一番自分にあう時間を見つけることがまず大切です。

そして、先程も述べたように、寝る前の行動にも気を配るべきです。

 

良い睡眠とは、寝る前の準備の段階からすでに始まっています。

最高の睡眠は寝る前の行動から改善していくべきです。

寝る前の行動を見直して、少しでもいい状態でベッドや布団に入ることが大事です。

 

最高の一日を過ごすための睡眠のまとめ

 

 

睡眠一つがものすごく大事なのです。

睡眠の仕方一つで次の日のスタートで良いスタートが切れるかが決まります。

 

どんなに忙しい人でもベストのパフォーマンスを行うために、まずは自分の睡眠に目を向けて、改善していきましょう。

そして、最高の毎日を過ごして行きましょう。

 

<スポンサードリンク>