今は高齢者でもかなりの率でインターネットを活用しています。

それゆえ、ネットトラブルでの相談事もすごく多くなっています。

アダルトサイトでの請求トラブル相談は後を断ちません。

でも、回避法はあります。

金銭を請求された時に誰かに相談すること。

身内でも警察でも良いので一人で抱え込むのは危険ですね。

払ってしまいそうですから。

払った後に戻すのは難しいのです。

<スポンサードリンク>

高齢者のアダルトサイトでのネットトラブルの現状

高齢者ネットトラブル、「アダルト情報」60代でトップ…70代でも2位

読売新聞(ヨミドクター) 3/17(金) 12:11配信

読売新聞のヨミドクターには高齢者のネットトラブルが多いと言うことが記されていました。

60代、70代でこういったアダルトサイトでのトラブル相談件数が年々増えているということです。

若い人の場合はネットにも慣れていることもあり、トラブルに巻き込まれるのも高齢者ほどはないと思います。

高齢者はトラブルのもとが「アダルトサイト」なので、サイト側からの請求などにも素直に応じないと身内にバレたら恥ずかしい!

などの気持ちもあり、高齢者の場合は余計に悩んでしまいます。

アダルトサイトに高齢者がなぜ巻き込まれるのか?

なぜ高齢者がアダルトサイトに巻き込まれているのかと言うと?

たまたまネットサーフィンでアダルトサイトが出てきて、何気なくクリックをしてしまったら即登録完了通知が!

その後にアダルトサイト回覧したということでいくらかの金額を請求されたということがほとんどです。

まさか、クリックしただけで登録完了になるとは思わないですよね。

しかもなぜこんなに高額請求が来るんだとびっくりします。

高齢者の場合は、びっくりすると同時に恐怖感もあります。

すぐにでも、この金額を払えるものなら払って怖い気持ちから逃れたいと思うんです。

  • 家族に知られたら困る!
  • 少額なら払ってしまおう!

高齢者ネットトラブルの相談件数は多いのですが、これは表に出ているものだけで

実際はこのようなサイトでお金を請求されて、密かにお金を振り込んだ高齢者もたくさんいます。

実は女性も被害にあっています。

見るつもりはなくても、たまたまアダルトのサイトに誘導された!

誘導?

そのサイトに行き着いたら、クリックしちゃった!

それで金銭を請求されて払った女性もいれば、警察に相談して払わなかった女性もいるようです。

アダルトサイト怖いのは二次被害

<スポンサードリンク>
安心させるように、アダルトサイトには「相談無料」「返金窓口」もあり、そこでまたトレブルが発生して高齢者は二次被害につながる場合があるそうです。

どうしたらよいか、慌ててしまうのが一番良くないのです。

会員を募って月会費を払って会員になるアダルトサイトもあります。

最初から会費を払うつもりで登録するならば、なんの問題もないかもしれませんね。

  • 登録をするつもりはない!
  • でも、興味あるし・・・
  • クリックしちゃえ!

それが危ないんです。

完全無料と書いてあっても、どこまでが無料なのかしっかりと見ておく必要があります。

それがわからなかったから無料だと思ったんだ!

たぶん、そんな感じだと思います。

60代、70代はひと昔前よりも若いですし、アダルトサイトに興味がない人のほうがもしかしたら少ないかもしれません。

高齢者のネットトラブルの相談者の中でも、クリックした覚えもない場合もあります。

それなのに、請求された!

それならば請求に対して払うことはないですよね。

堂々としてて良いのです。

高齢者のアダルトサイトトラブル回避法

ネット利用者は70代でも半分以上の方が利用しています。

どこでネットトラブルに合うかわかりません。

金銭を請求された時は、請求されたまますぐに支払うことはまずやらないことですね。

見に覚えがなければ、無視していて良いのです。

もしかしたらクリックしたかも?

その場合は警察に相談を。

会員になるサイトもあります。

クリックをしてサイトを回覧したとなると、会員になったと言うこともあるかもしれません。

どのようにサイトに書いてあったのか、はっきりと有料会員向けなどがわかるサイトだったら払うことになるかもしれません。

一時期よりも少なくなってきたと思っていましたが、高齢者ネットアダルトサイトのトラブルは未だ少なくなっていない現状です。

 

<スポンサードリンク>