近年、デスクワークやスマホの利用などが増えたことによって、猫背やギックリ首になる人が増えていっているそうです。

 

ギックリ首とは日常生活動作の中で、いきなり首に激痛が走る症状です。

 

ギックリ首になると痛みが原因で寝返りが打てない、首が回らない、首を上下に曲げられないなど日常に支障をきたすことも!

 

くしゃみなどの衝撃で首に激痛が走るなどの問題が起きてしまうので、早く治ってくれないかなと治る方法を考えますよね。

 

痛みが長引けば日常生活もままならず、大変な負担になってしまいます。

 

<スポンサードリンク>

ギックリ首は整形外科かカイロプラクティックに行く?

このままで良いのかな、自然と治るのかなと思いますがやはり専門家に診てもらったほうが安心です。

 

出来得る限り早い治療を行うほうがきっと治りも早いはずですよ。

 

ギックリ首の治療を行いたい場合、整形外科やカイロプラクティックなどが挙げられると思います。

 

整形外科での治療は湿布と鎮痛剤の服用または注射を行うのが一般的です。

 

カイロプラクティックでは骨格調整やストレッチを行います。

 

早めに痛みをとりたい場合は整形外科での治療が適しています。

 

カイロプラクティックも医療機関ですが、身体のバランスを整えることでギックリ首の治療や予防を行います。

 

ギックリ首になったときの予防法と対処法

 

 

ギックリ首の原因としては、デスクワークやスマフォにより下を向く時間が長いことが挙げられるそうです、

 

◆頭は成人女性でも4~5kgあるため、下を向いていると首や背骨に非常に負担がかかります。

 

◆ギックリ首は日々の姿勢などが大きくかかわっており、足を組んだり、重い荷物を片方の肩にかける癖がついていたりすると原因になりやすいそうです。

 

そのため、日々姿勢を正しくすることが一番の予防になります。

 

いざギックリ首になってしまった場合、患部に炎症が起こっていることも少なくありません。

 

炎症が起こっている場合はそこを指圧したりすると炎症が悪化します。

 

ついつい、整体マッサージに行ったり自分で痛い部分を押してみたりしたくなりますよね。

 

それは帰って悪化するもとなのだそうですよ。

 

◆やるとしたら患部を冷やして、出来得る限り首を動かさないで安静にしていることが安全な対処法です。

 

痛みがあるということは身体がSOSを発している証拠ですので、患部に負担をかけないことが大事です。

 

また、フェルビナクが入った湿布は皮膚を貫通して患部に直接鎮痛してくれますのでギックリ首に有効です。

 

ギックリ首になったら痛み止めの薬とお風呂で治す?

 

<スポンサードリンク>
 

ギックリ首の場合、炎症していることもあるのでお風呂は避けた方が無難です。

 

炎症部位は冷やすことが有効で、悪化の恐れがあるので温めることは避けましょう。

 

突然の激痛ですので痛み止めの薬も効きます。

 

また痛み止めの薬の服用と同時に首を冷やすと治りが早くなります 😀

 

ギックリ首はどんな時になるのか、治癒するまでの期間は?

 

 

ギックリ首はどんな時になるのか、というのはわからず突然激痛が起こります。

 

ギックリ首と寝違え

ギックリ首と寝違えの違いってわかりにくいかもしれないですね!

 

どっちも激痛ですし。

 

ギックリ首は首の筋肉の炎症ですね。

 

頚椎捻挫とも言われてます。

 

寝違えは寝ているときの偏った姿勢です。

 

日中動いている際に激痛が走るか、寝起きに痛みがあるかの違いがあります。

 

そのため、無理な態勢をしていなくても突然ギックリ首になってしまうこともあります。

 

また一度ギックリ首になってしまった人は繰り返し起こすようになる場合もあります。

 

ギックリ首が治癒するまでの期間

 

安静にしている状態で1週間前後である程度の痛みはとれるようです。

 

首をしっかり冷やして安静にしていることで治りが早くなりますので無理せず身体を休めましょう。

 

どうしても痛みが気になる時は市販の痛み止めでも効果があります。

 

私のギックリ首は治し方としてはタブーなやり方をしてしまいました。

 

2,980円のマッサージに行ってしまいました!

 

ただ、首は危険だからあまりさわらないでおきますね!

 

と、言うお返事。

 

とりあえずは、肩と腰をマッサージしてもらってなんとなくスッキリして帰った記憶があります。

 

足裏マッサージも一緒にやってもらいました。

 

足裏マッサージは、臓器の不調に良い影響を与えると聞きます。

 

これからはギックリ首にならないよう、予防することが一番ですね!

 

<スポンサードリンク>