端午の節句とは?

端午の節句はいわゆる5月5日のこどもの日にあたります。

奈良時代から続いている、男の子が強く健やかに育ってほしいという成長を祈るための行事です。

昔は「初めて迎える五月」という意味で「端五」と書かれていました。

男の子が生まれた家では、初めての節句で兜を購入することを考えると思います。

五月人形の兜は誰が買うものなのかどうしたらよいか結構悩むと思います。

また、いつからいつまで飾ったら良いのかということも気になりますよね。

<スポンサードリンク>

端午の節句の由来

まずは男の子の生まれた家では、初節句の五月人形は誰が買って良いものなのかと考えますよね。

その前に端午の節句の由来を知っておくことは、お祝いする気持ちも違ってきます。

午の月に行われるということもあり、「五」と「午」は同音なので「端午の節句」

と書かれるようになったのが由来です。

身を守るための鎧と兜を、立身出世を願うためのこいのぼりを飾ります。

また、香りの強い菖蒲やヨモギを軒先に飾って邪気を払う風習もあります。

菖蒲を風呂や枕に入れることもありますが、

そういったことから菖蒲の節句とも呼ばれています。

菖蒲と尚武をかけて男の子の勇ましい誕生と成長を願う意味もあります。

初節句の五月人形は誰が買うの?

古い時代、結婚とは家と家とが繋がるものでした。

嫁や婿をもらい、その家の跡取りを産み育ててもらうという意識が強いものでした。

そのため、嫁や婿の産みの親は、舅や姑と同居している子供と孫に会いに行くのは忍びない

という気持ちが強く、お宮参りなどの行事の際に祝い事を用意していたそうです。

現在では初節句の五月人形の兜は誰が買うのかというのは地域性が強くなっています。

祖父母だけではなく両親自ら買うことも少なくありません。

その理由としては、現在は核家族化が進んだということが挙げられます。

嫁や婿を取るという意識が低下していったことで、両方の祖父母が好きな時に子供や孫に会いやすくなった

ということもあるようです。

また、祖父母や両親のお下がりを代々受け継いで飾ることも少なくないです。

そのため改めて購入せずにいる場合もあるようです。

人気の五月人形

<スポンサードリンク>

最近ではキャラクターや金太郎をモチーフにしたものや、玄関などに飾れる小さなもの、ケースに入ったものなど

様々な人気の五月人形が売られています。

核家族化が進み、アパートやマンションに住んでいる人も多いため、比較的小さ目なものが人気なようです。

また、ケースに入っているものは段ボールに入れてそのまま仕舞えることもあり、ほこりもつきにくく、出し入れが簡単ということもあり人気があるようです。

人気の五月人形は少しお値段も張って、価格としては10万から40万程度が多いようです。

玄関や食卓、棚の上に小さいものを飾りたいという人も少なくありません。

そういった場合は数千円から数万程度で購入できます。

また、場所を取りたくなかったり、毎年買い替えて綺麗なものを飾りたいという人も少なくないのです。

驚くことに五月人形は100円均一などでも売られているようです。

五月人形はいつ出す?いつ片付ける?

現在ではゴールデンウィークにおけるイベントの中のひとつになっていますね。

行事における飾りはいつから出していつ片付けるべきか悩みますね。

五月人形の場合はいつからいつまで飾っておくと言う明確な決まりごとはないようです。

一般的には春分の日が明けてから飾り始めて五月中旬までに片付けるのが良いそうです。

雛人形は早く片付けないと嫁に行き遅れるなどの話を聞きますよね。

五月人形はそのようなことはなく、五月五日を過ぎたら効力がなくなると考えられているそうです。

そのため天気が良い日に湿気を伴わないように片付けたり、

「縁起を担ぐ」という意味で「大安」や「友引」の日を選ぶ方もいるそうです。

端午の節句の過ごし方

端午の節句の過ごし方は昔と今はだいぶ違います。

古い時代の端午の節句では軒先には菖蒲やヨモギを飾り、入浴や就寝の際は菖蒲を入れます。

食事には柏餅やちまきを食べる風習がありました。

もともと端午の節句とは中国から渡来した行事であると言われています。

現在ではゴールデンウィークの中のひとつの行事でもあります。

祖父母や両親と食事を楽しんだり、イベントに行ったりと過ごす方が多いようです。

観光地では壮大にこいのぼりが飾られていたりと美しい景色を眺めることもできます。

こういったことから昔からの端午の節句とは形が変化していっていますね。

しかし子供の成長を願う意識は残っており、行事の内容が変化していっても大切に残されている行事です。

<スポンサードリンク>