6月の花嫁に憧れて「ジューンブライド」に結婚式を挙げるカップルも少なくないですね。

ジューンブライドって良い響きですし、6月の花嫁というのも幸せになる象徴のようです。

そんな人気のある「ジューンブライド」ですが、6月に結婚式に挙げるのはどんなメリットがあるのでしょうか?

逆に6月に結婚式を挙げるデメリットはあるのでしょうか?

<スポンサードリンク>

6月ジューンブライドの花嫁になりたい理由

6月の花嫁やジューンブライドは、その言葉そのものが幸せになるとみんなが信じますよね。

だからこそ末永く幸せになりたいと言う思いを込めて、6月に結婚式をしたいカップルは多いのです。

6月の結婚式が良いとされているのは、本当は日本の話ではなくヨーロッパからの言い伝えなのです。

  • 農作業の忙しい時期を終えた6月に結婚式!
  • ヨーロッパでは6月の天気が良い。
  • ヨーロッパ神話であるゼウスの妻Junoが結婚生活の守護神であるということからなんです。

妻であるJunoがジューンブライドの由来になったということですね。

そのあたりのお話しはあまり知らず、なんとなく6月の花嫁って幸せになれるのかなって思う人も実際は多いようですが。

6月に結婚式をするメリット

6月の結婚式は寒い時期も終えて、暑い時期に差し掛かる前ですね。

温度的にちょうど良いと言う季節です。

6月に結婚式をするメリットは温度的なこともあります。

何と言っても「ジューンブライド」に結婚式を挙げると、幸せな結婚生活を送られると言うハッピーな気持ちになりますから。

6月の花嫁は幸せになるということがヨーロッパからの伝説からだとしても、やはり6月の結婚式は人気があります。

寒からず、暑からずゲストにも良い季節とも言えます。

気温だけを見ればとても過ごしやすく、6月の結婚式はメリットだらけ?

そう思ってしまいます。

6月に結婚式を挙げるデメリットはあるの?

<スポンサードリンク>
6月に結婚式を挙げることはメリットばかりではないのです。

6月に結婚式はどんなデメリットがあるかというと、まずは梅雨の時期だということですね。

いつ雨が降るかわからないので、花婿さん花嫁さんもゲストも傘を持参で結婚式場まで持っていくことも考えられます。

朝から雨が降っていたら、それこそ花嫁さんはブルーです。

  • みんなにガーデンで花嫁衣装を見てもらいたい!
  • ブーケトスを結婚式の外でやりたい
  • ガーデンでお料理を食べる予定が台無し

野外での企画はすべて諦めなくてはならなくなってしまいます。

運が良ければ、お天気にも恵まれ気温もちょうど良い結婚式になりますが。

 

6月に結婚式をすると値段は高いの?


ジューンブライドは幸せになる!

そこをうまく顧客獲得にしよう!と、おすすめプランを考えている結婚式場やホテルはあります。

「6月の花嫁パック」と言うようなプランを設けて、カップルが飛んで喜びそうな特典なども用意をしている結婚式場もあります。

少々お値段が高くても、このプランは良いかも!

と、カップルの気持ちを幸せに持っていく営業や話術がとても上手です。

とても良いプランがあったら、是非ジューンブライドに結婚式を挙げると良いかもしれませんね。

6月の結婚式は人気がありますので、安くはありません。

6月に結婚式を挙げるのは比較的高くつきそうです。

ただ、梅雨だということで6月には結婚式を挙げたくくないと思っているカップルもいます。

そんな理由もあって、6月の結婚式は微妙ですね。

オフシーズンの月は安い設定です。

真冬と真夏の2月と8月は結婚式場は空いてます。

だからこそ、その時期に結婚式を埋めたいのでかなり安く設定しています。

他に安く結婚式を挙げる方法はいくつかあります。

◆平日

◆仏滅

◆時期が迫っている日に結婚式を挙げる

ほとんど半年以上先の結婚式なので、近々の空いている日は結婚式場としては安くしてでも結婚式を入れたいのです。

結婚式の繁忙期、比較的高くつく結婚式の月

3月、4月、5月、6月、10月、11月

それ以外の月は寒かったり、暑かったりで季節的に人気がないので、あまり結婚式に選ぶカップルは少ないようです。

結婚式を安くあげるなら人気のない季節や暦を選んでみて、ウェディングプランナーに相談してみると良いですよ。

<スポンサードリンク>