お花見に行く時子供も一緒に行く時は、前もってリストアップしておくと安心です。

大人がフラ~っと花見に出かけるのとわけが違いますから。

食べ物も現地で買うよりも、家で作って持参したほうが子供が一緒の場合は良いですね。

子連れでお花見に行った時に、持っていきたい食べ物や必需品はどんなものがあるのでしょうか?

<スポンサードリンク>

お花見当日の温度と天候に気を付けて

お花見当日気になるのが、天候と温度です。

雨が最初から降っている場合もあれば、朝は晴れていたのに途中から雨になったなんてこともあります。

朝雨が降っていなくても怪しい天気の時には、折りたたみの傘を大人用2本位持っていったほうが良いですね。

天気予報通り雨なんか降る様子がない、と言う場合でも子供のレインコートは持っていったほうが安心です。

4月の花見はまだ気温が不安定です。

最低気温は10度位ですので、けっして暖かいと言うわけではないです。

日中は日差しがあれば暖かいですが、夕方のお花見は急に寒くなる場合もあります。

うす暗くなるまでお花見を楽しむ場合は、温度の調整が出来る服も持参して行きましょう。

温度と天候を考えて持っていきたい必需品

  • 折りたたみの傘
  • 子供用レインコート
  • ひざ掛け
  • 防寒用の服を1枚

お花見に持っていきたい食べ物

子供が一緒に行く場合のお花見での食べ物は、片手で食べれたり爪楊枝に指して食べられるものなどがおすすめです。

  • おにぎり
  • サンドイッチ
  • おいなりさん
  • 定番の唐揚げ
  • ウィンナー
  • 卵焼き

このあたりは無難ですね。

たくさん食べ物を持っていくのも現地で慌てずにすみますが、お花見ではいろいろな屋台も出ています。

大人も子供も屋台でも買いたくなるかもしれませんよ。

ただ、混雑していると食べ物を買うこともままならない場合もあります。

たくさん集まるお花見会場だと、屋台で食べ物を買うのは大変かもしれません。

地元の桜まつりのようなこじんまりした場所でしたら、屋台でチョコバナナやたこ焼き等を買ってあげると子供は喜びます。

飲み物は重たいけれど数本持っていっても良いですし、お花見会場近くで自動販売機でも。

お花見に子連れで持って行きたい必需品とは?

その他にお花見に持っていく忘れてはならない必需品

  • レジャーシート
  • おもちゃ
  • ウェットティッシュ・普通のティッシュ
  • おむつや着替えを数組
  • ミルクが必要な場合は、固形のミルク水とお湯を持参
  • ゴミ袋にもなるビニール袋数枚

余力があるなら持っていったほうが良いもの

<スポンサードリンク>
子連れでお花見に行くならかさばらないもの、あったら便利なものを持っていきたいですよね。

レジャーシートだけだとお尻が痛いので、寒さ予防にもなるバスタオルを2枚位持っていくと重宝します。

また子供が寝てしまうことを考えたら、ベビーカーはあったほうが良いかもしれません。

兎にも角にも楽しいお花見に持っていくのがあまり多すぎたら疲れます。

お花見の場所が地元で近いのなら、寒くなったからもう帰ろう!

ということも出来ますが、遠い場合は行き帰りの道中が大変です。

親もたくさんの荷物を持って移動は疲れてしまいます。

駐車場があるとしてもそこからお花見の場所までけっこう遠いこともありますよね。

子供も一緒に行くお花見のまとめ

電車移動だったら極力持ち物を減らしたい!

色々考えると子供を連れてのお花見は、近場で済ませるのが一番楽かもしれません。

子供が途中で泣き出すことも頭に入れて、遠出のお花見はもうしばらく我慢のときかも。

お花見は遊園地と違って、子供はじっとしていなくてはならないので飽きてしまいそうです。

あっちこっち走り回って、他の花見の見物者に嫌な顔をされたらお互い気分の悪い花見見物になってしまいます。

子供を飽きさせないこと、親が疲れない工夫をすることで楽しい子供連れのお花見見物ができそうですね!

 お花見に子連れで持って行きたい食べ物と必需品を是非参考にしてくださいね。

<スポンサードリンク>